日本一、安い新車はどれ? ジャンル別の最安モデル5選

2020年3月時点で、もっとも安い価格の乗用車はどれなのでしょうか。軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、セダン、SUVの5カテゴリで検証しました。

国産車最安モデルは何十万円?

 最近のクルマはモデルチェンジの度に価格が向上している、という印象を持つひとも少なくありませんが、現行モデルであっても「思った以上に安い」という印象を持つクルマもなかにはあります。

 2020年3月時点の現行モデルで、もっとも安い価格設定の乗用車はどれなのでしょうか。人気の5カテゴリ「軽自動車」「コンパクトカー」「ミニバン」「セダン」「SUV」で検証します。

ダイハツ「ミライース」の最安グレードは?
ダイハツ「ミライース」の最安グレードは?

●軽自動車:ダイハツ「ミライース」

 2020年3月現在、日本で購入できる乗用車においてもっとも安いクルマがダイハツ「ミライース」です。

 最安グレードは「B」の2WD・CVT仕様で、価格は85万8000円です。ホイールキャップなしのスチールホイールを採用し、ボディカラーも3色と、おもにビジネスユースで使われることが想定されたグレードであるものの、5ナンバー登録となります。

 なお、衝突被害軽減ブレーキなどの予防安全装備が備わるひとつ上のグレード「B “SAIII”」は、92万4000円となります。

●コンパクトカー:日産「マーチ」

 コンパクトカーにおいて、価格が安価なモデルは日産「マーチ」です。最安グレードは「S」で、価格は117万2600円に設定されています。

 安価なモデルということもあり、装備内容に不安を持つ人もいるかもしれませんが、マーチはSグレードを含めたさまざまなグレードで必要十分な装備を備えています。

 なかでも最適な運転姿勢を取ることができる運転席シートリフター/チルトステアリングは、クルマ初心者にとって運転のしやすさを大きく向上させる装備です。

 運転に不慣れな人も含め、さまざまな人が乗ることが想定されているといえるでしょう。

●ミニバン:トヨタ「シエンタ」

 ファミリーユースで人気の3列シートミニバンにおいて、もっともエントリーモデルが安価なモデルはトヨタ「シエンタ」です。最安グレードは「X」(2WD・ガソリン仕様)の185万200円となります。

 Xグレードは、上級グレードに対して装備の充実度が控え目となっており、空調は上位グレードのオートエアコンに対しマニュアルエアコンとなっているほか、シート素材がファブリックとなることや、予防安全装備「トヨタセーフティセンス」がオプションとなることなどの差があります。

 しかし、ミニバンで重要視されるシートアレンジや、各列の乗員が使える収納やカップホルダー/ボトルホルダーには差がつけられておらず、大人数が快適に移動できる空間となっています。

 ちなみに、シエンタには3列シート仕様のほかに2列シート仕様もラインナップされていて、その場合のシエンタの最安グレードは「FUNBASE X」の180万9500円となります。

【画像】安くても魅力がたくさん!激安新車を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. だからさ、前にも書いたことあるけどなんでスズキ・イグニスを無視してるの?
    SUVで最安でライズ/ロッキーっておかしいでしょう?イグニスは軽でもないしメーカーもSUVとして販売してるよ?

    そんなにスズキ嫌いなの?ニュース名乗るならもっと中立時点で記事書きなさいよ