発売から9年のトヨタ「アクア」 販売好調でも人気に陰りが見えた理由とは

2011年の登場から9年経ったトヨタの人気コンパクトカー「アクア」。現在まで売れ筋のモデルとして人気を博していましたが、最近では徐々に販売台数が低迷しているといいます。トヨタの売れ筋モデルに何があったのでしょうか。

売れ筋アクアの人気に陰りが!

 トヨタの人気コンパクトカー「アクア」は、2011年12月26日に発売されたハイブリッド車です。発売から約9年となるロングセラーモデルですが、現在でも販売台数ランキングの上位を誇っています。

 これまでアクアは、同じトヨタの「プリウス」や日産「ノート」と上位3台を争うモデルでしたが、最近では徐々に台数が低迷しているようです。高い人気を誇るアクアに何があったのでしょうか。

発売から9年経った売れ筋のトヨタ「アクア」。しかし、最近は人気に陰りが見えてきた?
発売から9年経った売れ筋のトヨタ「アクア」。しかし、最近は人気に陰りが見えてきた?

 2011年12月にアクアが発売され、翌2012年の新車販売台数ランキング(登録車)で2位を獲得し、人気モデルの仲間入りを果たします。

 その後の新車販売台数ランキングでも上位3位以内を毎年キープし続け、2019年上半期(1月から6月)のランキングでも、3位の6万349台を販売するなど、プリウスとともにトヨタを代表するモデルです。

 前述の2012年のランキングで1位を獲得したのは、先代の3代目プリウス(2009年発売)で、2015年にフルモデルチェンジがおこなわれ、2018年12月にはビッグマイナーチェンジが施されるなど商品としての魅力を維持させています。

 しかし、アクアは2011年12月の発売から2019年12月までの9年間で、一度もフルモデルチェンジされていないにも関わらず、人気を維持しているのです。

 マイナーチェンジは、2014年と2017年におこない、それぞれのタイミングで外観デザインや機能向上などが改良されたほか、SUV風モデルの「X-URBAN(2014年)」、「クロスオーバー(2017年)」が新たに追加されました。

 アクアの人気が続いている理由について、トヨタの販売店スタッフは次のように説明します。

「多くのラインナップを持つトヨタブランドのなかで、ヴィッツ(現在、ヤリス)とともにアクアはエントリーモデルに位置しています。

 モデルとしては、2011年の発売から時間が経過していることもあり、目新しさはありませんが、モデルチェンジをおこなうことで、常に新しい技術を投入しています。

 それらもあり、幅広い年齢層から日常使いや通勤・通学などの用途として重宝されているほか、年配の人などがセダンやワゴンから乗り換えられるなど、さまざまな点でちょうど良いのがアクアなのです。

 実際に、売れ筋のプリウスと比べて、サイズが小さく扱いやすいのと、価格帯が安いため購入検討されやすいことなども、人気に影響していると思います」

※ ※ ※

 日本の道路事情は、「道幅が狭い」「高速道路が発達している」「山間部が多い」など、軽自動車よりもパワーがあり移動が楽なうえ、セダンやワゴンなどよりも扱いやすく、燃費の良いコンパクトカーが好まれるのです。

【画像】新型ヤリスとフィットを細かくチェック!(51枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント