トヨタが軽スポーツに本気!? 新型「コペン GR SPORT」はホンダ「S660」最上級モデルとどう違う?

TOYOTA GAZOO Racingの技術が注ぎ込まれた最新スポーツカーとして、トヨタとダイハツが2019年10月15日に発売した「コペン GR SPORT」。スポーティな走りを予感させる専用チューニングや装備が満載ですが、ホンダの最上級軽スポーツ「S660 Modulo X」との違いは何でしょうか。

トヨタが軽オープンカーをよりスポーティに! どんなクルマになった?

 トヨタとダイハツが2019年10月15日に発売した「コペン GR SPORT」は、ダイハツが2014年に発売した2代目「コペン」をベースにチューニングを施した2シーターオープンスポーツです。

新型「コペン GR SPORT」
新型「コペン GR SPORT」

 トヨタのワークス参戦を担うTOYOTA GAZOO Racingの知見を活かしつつ、ダイハツによって開発・製造がおこなわれました。

 トヨタ・ダイハツの両社で販売されることも特徴で、ダイハツにおいてはコペンの4番目のモデルバリエーションとして設定され、トヨタにおいてはコペン GR SPORTという単一車種としてラインナップされています。

 ダイハツの軽自動車でありながら、トヨタのスポーツモデルの特徴を受け継いだ車種として、注目を集めているスポーツカーです。

 一方、ホンダの軽自動車の2シーターオープンスポーツモデルが、ホンダ「S660」です。このS660のモデルラインナップの最上級モデルに「S660 Modulo X」が設定されています。

 S660 Modulo Xは、ベースモデルのS660に対して、ホンダの純正アクセサリーブランドであるModuloがチューニングを施すことで、より質感高い乗り心地を実現した軽スポーツです。

 これらの2台は、装備やスペックにおいて、どのような違いがあるのか、比較してみます。

 外装面から比較すると、コペン GR SPORTはベースモデルのコペンに設定されている3つのスタイルのどのデザインとも異なる、専用のデザインを採用。

 ワイド&ローな印象を与えるフロント/リアバンパーを装備し、さらに専用のLEDヘッドライト、LEDリアコンビランプ、LEDフォグランプを装備することで、コペンの各モデルのなかでもとくに精悍な雰囲気となっています。

 S660 Modulo XはベースモデルのS660にグリル一体型の専用フロントバンパーや専用アクティブスポイラー、そしてリアロアバンパーを装備。また、屋根のロールトップ(幌)のカラーにボルドーレッドを採用するなど、スポーティさだけでなく大人の雰囲気も感じさせるデザインです。

 内装においては、コペン GR SPORTは専用となるスエード調のレカロシートや、MOMO製革巻ステアリングホイール、専用自発光式3眼メーターを装備。シートやステアリングホイール、メーターにはGRのロゴが加えられるなど、スポーツマインドを高める演出がなされています。

 そしてS660 Modulo Xの内装を見ると、こちらもシートやステアリングホイール、メーター、シフトノブなどが専用品となります。シートはボルドーレッドとブラックの色合いで仕立てられた本革×ラックススェードのスポーツタイプで、ステアリングも本革巻きとなるほか、MT車のシフトノブはチタン製です(CVTは本革巻)。

コペン GR SPORTとS660 Modulo Xを画像で比較!(20枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント