初代は偉大なクルマだった!? 世界を変えた日本車3選

世の中がアッと驚くようなクルマはいくつもありますが、日本車にも世界に重要な影響を与えるようなインパクトを持ったクルマがあります。そこで、世界を変えるほど偉大な日本車を3車種ピックアップして紹介します。

世界の自動車メーカーに多大な影響を与えたクルマたち

 ガソリンエンジンで走るクルマが発明されてから現在まで約150年経ちます。

 150年間のクルマの進化はめざましく、これまで世界をアッといわせるようなクルマが多く誕生しました。

 そこで、世界を変えるようなインパクトを持った日本車を3車種ピックアップして紹介します。

●マツダ(ユーノス)「ロードスター」

スポーツカーのトレンドを作った「ロードスター」
スポーツカーのトレンドを作った「ロードスター」

 日本の好景気が絶頂を迎えた1989年、マツダからオープン2シーターのユーノス「ロードスター」が発売されました。

 当時、国内で販売されていたオープンスポーツカーは輸入車が占めており、国産車は皆無という状態でした。

 そうした状況で発売されたロードスターは、オープン2シーターという用途が限定されるクルマながら、軽量高剛性なボディで軽快に走ることができ、価格も170万円台と安く抑え、手軽に乗れるスポーツカーとして大ヒットします。

 アメリカではスポーツカー=オープンカーというのが常識で、ロードスター(北米では「ミアータ」)は日本以上の大ヒットを記録。

 また、マツダが目指した「人馬一体」というコンセプトにより、110馬力と平凡なパワーながらも、それを補うほど優れたハンドリングを実現していたことで、デートカーとしてだけでなく、走りを重視するユーザーにも受け入れられます。

 ロードスターの成功を見て、後にポルシェやメルセデス・ベンツ、BMW、MG、フィアット、トヨタ、ホンダといった世界中のメーカーが、コンパクトなオープン2シーターを続々と発売するという一大ムーブメントにまで発展しました。

●トヨタ「セルシオ」

高級車の概念を変えた高級車「セルシオ」
高級車の概念を変えた高級車「セルシオ」

 1980年代までトヨタで最高峰のクルマは「センチュリー」でしたが、法人需要がほとんどで、個人が買って自ら運転するクルマでは「クラウン」が最高峰でした。

 そこで、オーナーが運転する最高級に位置するクルマとして1989年に初代「セルシオ」が発売されます。メルセデス・ベンツやBMWといった欧州の高級車を上まわるクルマを目標に、開発プロセスのすべてを原点から見直し、優れた走行性能と圧倒的な静粛性が追求されました。

 同時にセルシオは北米にも輸出され、レクサス「LS400」としてレクサスブランドの構築にも貢献し、その品質が認められ、会社役員や弁護士、医者といった知的なセレブが乗るクルマとして人気を博します。

 実際にセルシオの品質は世界中のメーカーが驚いたほどで、ライバルの高級車メーカーのクルマ作りに大きな影響を与えました。

 とくに最高出力260馬力の4リッターV型8気筒エンジンは、極端に振動が少なく高い静粛性を実現し、60km/h以下の低速走行ではエンジンの存在を感じさせないほどといわれました。

世界を変えた!? 偉大な日本車たちを詳しく見る(14枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事