台風被害で続出した「ヒッチハイク」は違法? 思わぬトラブルの可能性も

2019年9月上旬に、関東で猛威を奮った台風15号。日本の空の玄関口である成田空港も、公共交通機関が運休するなど大きな影響を受けました。今回の騒動のなかでは「ヒッチハイク」をして、移動をする人も現れたほどです。ヒッチハイクをおこなうことは、法律上問題ないのでしょうか。

台風15号の影響で「ヒッチハイク」をする人が出現 違法性は?

 2019年9月8日から9日にかけて、関東地方を襲った台風15号。とくに千葉県や神奈川県では停電や断水などが起こり、首都圏では公共交通機関のダイヤが乱れるなど、大きなパニックとなりました。

 混乱に見舞われたなか、「ヒッチハイクで家へ帰った/目的地へ行った」という投稿がSNSで見られましたが、ヒッチハイクをおこなうことは違法ではないのでしょうか。

ヒッチハイクはトラブルの元となるのか
ヒッチハイクはトラブルの元となるのか

 千葉県成田市にある「成田国際空港(以下、成田空港)」は、日本の空の玄関口として国内外問わず多くの人々が訪れます。それは台風の被害があった9日も同様でした。

 多くの人が世界各国から訪れるなか、電車や高速バスなどは台風の影響により運休。そのため、到着した人々が成田空港から出ることができなくなり、「陸の孤島」と化したのです。

 タクシーやレンタカーの乗り場には多くの列ができ、なかには京成成田駅まで2時間近くかけて歩く人も。夜になっても混雑は解消されず、1万人以上の人が成田空港で一夜を明かすこととなりました。

 成田空港から出られずに困る人もいれば、成田空港へ行けずに困る人も多くいました。公共交通機関が麻痺したため成田空港へアクセスできず、タクシーも台風の影響により利用者が多く混雑し、なかなか乗車できないという状態だったのです。

 成田空港へ行きたい人、成田空港から帰りたい人のなかには、目的地まで「ヒッチハイク」をするという人も現れました。

 ツイッターでは、「成田空港へヒッチハイクで行った」、「成田空港からヒッチハイクで帰ってきた」、「ヒッチハイクしている人を送った」という投稿を多数確認できました。

 今回のようなイレギュラーな事態でないと、普段あまりおこなう機会がない「ヒッチハイク」。ですが、ヒッチハイクを指南するサイトや書籍、また「ヒッチハイクをしてみた」という動画などもアップロードされ、気軽にヒッチハイクへ挑戦できる環境となりました。

 最近では「人脈を広げたい」「普段はできない経験をしたい」といった理由から、学生や若者がヒッチハイクをしSNSなどでその姿を発信しています。

 身近なものへと感じられつつあるヒッチハイクですが、国内における適法性という観点から見ると、ヒッチハイクを禁止する法律は日本にはありません。

 しかし、海外ではヒッチハイクを装った強盗事件などの犯罪が多いため、国や州によってはヒッチハイクを禁止しているところもあります。

 安全といわれる日本でも、犯罪に巻き込まれるリスクがゼロとはいえないため、ヒッチハイクをするにはある程度のリスクがあるということを考えておきたいところです。

これがヒッチハイクのサイン! あなたは乗せる?乗せない?

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 高速代、ガソリン代などの実費は請求しても違法じゃないよ。記事にするならちゃんとしてね。