MINI史上最強スペック!? 新型「MINIクラブマンJCW」は走りの2面性が魅力

輸入コンパクトとして人気の高い「MINI」のステーションワゴン「クラブマン」に、高性能モデル「JCW」が登場しました。歴代最強というスペックを持つこのクルマは、どんな走りを見せるのでしょうか。

歴代最強!? MINIのハイパフォーマンスモデル「JCW」はどんなクルマ?

「クラシックミニ」と呼ばれるBMC時代のMiniに対して、BMWが商標を取得して開発されたのが「ニューMINI(BMW・MINI)です。

 2001年に初代がデビューした時には賛否がありましたが、BMWグループのプレミアムスモールカーとして独自のキャラクターや走りなどが高く評価され、現在ではMINIといえばこちらを指す人のほうが多いと思います。

新型「MINIクラブマンJCW」
新型「MINIクラブマンJCW」

 数々の派生モデルも生まれ“MINIワールド”を形成していますが、その1台がステーションワゴンの「クラブマン」です。

 3代目となる現行モデルは2016年に登場。3/5ドアがBセグメントの「プレミアムスモールコンパクトセグメント」に属するのに対し、クラブマンはひと回り大きいCセグメントの「プレミアムコンパクトセグメント」に属するモデルです。

 MINI史上最大のボディですが、家庭環境の変化などでMINIを卒業しなければならないユーザーを食い止める、という役割も担っているそうです。

 そんなクラブマンが大幅改良を受けましたが、今回ひと足お先にドイツ・フランクフルト近郊で試乗をおこなってきました。試乗したのは高性能モデルのJCW(ジョン・クーパー・ワークス)です。

 JCWは「レーシングカーにもっとも近いMINI」、「日常的なシーンでも乗れるエキサイティングなマシン」をコンセプトに、ハイパフォーマンスなスペックが与えられています。

 外観はリング型のデイライトが採用されたヘッドライト、クーリング性能向上のために開口部が拡大されたバンパー、ハニカムグリルによりアグレッシブさがプラスされています。

 テールライトも新デザインとなり、ユニオンジャックをモチーフにしたLED式に変更されていますが、どれもわかる人にはわかる、といった小変更レベルの改良です。

 しかし、今回の改良の注目は見える部分ではなく、中身にあります。2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンは、大型ターボ、ピストン、コンロッド、吸排気系と大きく手が入っており、従来モデルの231馬力/350Nmから、306馬力/450Nmと大きくパフォーマンスを引き上げています。

 ちなみに、これはMINIブランド60年の歴史のなかで、ナンバー付きロードカー史上最強のスペックです。トランスミッションは同じ8速ATながらも、新世代にバージョンアップされています。

 また、このパワートレインは現在開発中のMINI3ドアJCWのサーキットスペック「JCW-GP」と同じユニットですが、駆動方式はFFではなくAWDの「ALL」を採用しています。

 パワートレインのパフォーマンスアップに合わせて、シャシ側にも大きく手が入っています。高出力化に合わせて最適化されたスポーツサスペンション(可変ダンパーはオプション設定)、スポーツブレーキに加えて、フロントにMINI初採用となるメカニカルLSDが装着されています。

 タイヤはMINIお得意のランフラットタイヤを採用せず、エンジニアいわく「このクルマに最適なスペック」という225/40ZR18サイズのミシュラン・パイロット・スーパースポーツを履いています。

MINI史上最強の新型「MINIクラブマンJCW」を写真で見る(30枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 頻繁に届くようになったこの「くるまのニュース」を停止して頂きたいのですが、指示する方法が分かりません。