あれ? どこ駐めたっけ? 広い駐車場で自分のクルマを効率よく探す方法とは

観光地や大型ショッピングモールなどに出かけると、広い駐車場で自分のクルマを駐車した場所が分からなくなることがあります。そんな事態にならないために、どんな方法があるでしょうか。

だれもが使うスマホには、駐車位置を把握するアプリも

 観光地やショッピングモールなどの広い駐車場では、自分のクルマの駐車位置が分からなくなることがあります。自分のクルマを見つけ出すには、どうすればよいのでしょうか。

広い駐車場ではどこにクルマを駐めたかわからなくなることも…
広い駐車場ではどこにクルマを駐めたかわからなくなることも…

 クルマを駐めた場所を忘れないために、スマホが活用できます。標準でインストールされている地図アプリには、駐車位置を把握できる機能が付いています。

 スマホを持っている人であれば、だれもが使ったことがあるポピュラーなアプリ「グーグルマップ」が便利です。

「グーグルマップ」は、スマホに内蔵されたGPS機能により、現在位置をかなりの精度で表示してくれ、「現在の駐車位置」を把握させる機能があります。

 使い方は、「グーグルマップ」を立ち上げ、現在位置を確認。地図上の現在位置をタップすると、赤いピンを立てることができます。今度はその場所を右上のアイコンの中から「駐車場所として設定」を選び、記憶させるだけと簡単です。

 ポイントは、最初に地図をできるだけ拡大し、詳細な現在位置をマップ上に記録することです。駐車場に戻ってきたら、同じく「グーグルマップ」の登録地点から駐車場所を呼び出せば、地図上に表示されて自分のクルマにたどり着くことができます。

 iPhoneには、デフォルトで入っているアプリ「マップ」にも同様の機能があります。「設定>プライバシー>位置情報サービス」をオンにしておけば、「グーグルマップ」と同じように現在位置を駐車位置としてピン留めすることが可能になります。

 さらに、スマホの音声アシスタントとして便利な「Hey Siri」や「OK Google」に、「現在の位置を駐車場所として記録」と伝えれば、現在位置を自動で記録しておいてくれるワザもあります。

 また、iPhoneは、車載オーディオなどをBluetooth接続していた場合、その接続が切れた場所を駐車場所として認識してくれる機能も搭載されています。

駐車した場所がわからなくなるのはこんなシチュエーション!?

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント