炎天下のクルマは過酷な状況に! ボンネットで目玉焼きが焼けるのか試してみた

真夏の炎天下でクルマを長時間放置すると、車外も車内も非常にアツくなります。その熱を利用して目玉焼きが焼けないか、検証してみました。

卵とウインナーはどうなるのか?

 真夏の炎天下に長時間放置しているクルマに乗るとき、車内が暑すぎてなかなか乗り込めないということがよくあります。

 また、灼熱の太陽に照らされたクルマのボディも、触るだけでヤケドしそうなほど熱くなっていることがあります。

クルマのボンネットで目玉焼きは焼けるのか!?
クルマのボンネットで目玉焼きは焼けるのか!?

 炎天下にさらされると、クルマはどれだけ熱くなるでしょうか。ボンネットで目玉焼きが焼けるのか、実験してみました。

 用意したのは、生卵と黒いクルマ(日産・エクストレイル)です。アルミホイルをボンネットに敷いて、目玉焼きを作ってみます。

 実験を行った2019年8月10日、埼玉県戸田市の天気はやや雲が多いものの晴れ。その日の気温は38度を越えていました。また、ボンネットの表面温度は81度と、とても熱くなっているのがわかります。

 アルミホイルで土手をつくって、エクストレイルのボンネットに卵を落とします。卵のほかに、ウインナーと水のペットボトルも準備。ウインナーはダッシュボードに、水は車内のドリンクホルダーにセットして、2時間待ちます。

 さて、ボンネットで目玉焼きは焼けたのでしょか。

 2時間後に確認してみると、薄々感づいてはいましたが、目玉焼きは焼けていませんでした。曇りがちだったのと風が吹いていたため、ボンネットの温度はそこまで上昇しなかったようです。

 一方の車内は、密閉空間ということもあり、かなり温度が上昇しています。ダッシュボードの上に置いた温度計は暑さで表示がエラーになるほどで、ダッシュボードの表面温度は70度と、サウナのような過酷な環境です。

 車内に2時間放置したペットボトルの水は、32度から44度に上昇。ダッシュボードのウインナーは、ほどよく熱が通っており、ジューシーな仕上がりとなっていました(そのままでも食べられるウインナーを使用)。

 今回の実験では、ボンネットで目玉焼きは焼けませんでしたが、車内のウインナーはとてもいい感じだった、という結果になりました。

ボンネットで目玉焼きは焼ける!? ダッシュボードのウインナーはどうなった?(11枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント