スイッチひとつで気軽にオープン! 絶版「電動ハードトップオープンカー」5選

おしゃれなフレンチコンパクト電動オープンカー2台

●ルノー「ウインド」

 ルノー「ウインド」は、2011年に日本で発売が開始された、全長3835mmとコンパクトな2シーター電動オープントップモデルです。

ルノー「ウインド」
ルノー「ウインド」

 ウインドは、ルノーのスポーツカーやレーシングカーを手がける「ルノー・スポール」が開発したモデルで、134馬力を発生する1.6リッターエンジンに5速MTが組み合わされました。

 採用された電動回転格納式ハードトップは、重量が21.8kgと軽量で、わずか12秒で開閉が可能です。

 パーキングブレーキをかけ、ルーフに取り付けられた手動ハンドルでロックを解除、センターコンソール上のスイッチを押すと、ルーフはBピラーを中心に回転し、トランクリッド内に格納される仕組みです。

 ルーフの格納スペースは荷室とは独立したスペースのため、荷室の荷物を気にすることなくハードトップの開け閉めができる優れものです。荷室容量は270リッターと、2シーターモデルとしてはほどほどにあります。

 登場当時の車両価格は255万円(限定30台の『ウインド コレクション』は268万円)でした。2012年にはゴルディーニ仕様も登場しています(279万円)。

 走って楽しいモデルでしたが、日本ではあまり人気が出ませんでした。中古車市場にもほとんど個体はなく、程度の良いものだと100万円以上で取引されているようです。

●プジョー「207CC」

 プジョー「207CC」は、2007年6月に日本での販売が開始されたモデルです。

プジョー「207CC」
プジョー「207CC」

 プジョーは伝統的にCC(クーペ・カブリオレ)モデルをラインナップするメーカーで、2000年に発表された207CCの先代モデル「206CC」は全世界で大人気となり、約36万台が生産されました。この206CCは、日本では300万円を切る戦略的な価格で登場したこともあり、ヒットしました。そのため206CCは、現在も中古車市場では多くの台数から選ぶことができます。

 207CCは全長4050mmとBセグメントモデルになりますが、狭いながらも後席を用意、乗車定員は4名でした。

 約25秒で開閉可能なフルオート電動リトラクタブルルーフを持ち、全高が1395mmと、207ハッチバックよりも75mm低いクーペスタイリングを持った、その名のとおり「クーペ・カブリオレ」でした。

 先代の206CCは5ナンバーサイズでしたが、207CCは全幅が1750mmと拡大し3ナンバーサイズとなりました。また、押し出しの強い顔になったことも影響したのか、先代ほど日本ではヒットしませんでした。

 発売当時の車両価格は、309万円から344万円(消費税込み)。中古車では30万円前後から用意されているようです。

※ ※ ※

 中古で電動ハードトップオープンカーを選ぶときには、開閉するためのモーターの調子を確かめてから購入するのが良い方法です。またオープンカーの場合、経年によりパッキンが傷んでいると雨漏りがすることもあるので、対策を怠らないようにしましょう。

スイッチオンで手軽にオープン! 電動ハードトップオープンカーを画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント