• くるまのニュース
  • 試乗記
  • 派手なデザインのオフロードタイヤなのにオンロードでも静か ヨコハマ「ジオランダーX-AT」を試してみた

派手なデザインのオフロードタイヤなのにオンロードでも静か ヨコハマ「ジオランダーX-AT」を試してみた

ヨコハマから新カテゴリーのSUV・ピックアップ向けオフロードタイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)X-AT(エックスエーティー)が発売されました。どんなタイヤなのか、オンロードとオフロードで試走しました。

ブロック基調の力強いデザインが目をひくオールテレーンタイヤ

 2019年7月23日に発表され、同年9月より発売されるヨコハマのオフロードタイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)X-AT(エックスエーティー)」は、SUVやピックアップトラック向けのタイヤになります。16インチから20インチの全10サイズです。いったいどんなタイヤなのでしょうか。

ヨコハマ ジオランダーX-ATをジープ・ラングラーに装着
ヨコハマ ジオランダーX-ATをジープ・ラングラーに装着

 最近はSUVが世界的なブームになっています。日本でも年々その販売台数が増えており、2018年では60万台に迫る勢いです。

 乗用車ベースのSUVが大多数を占めていますが、クロカン4WDと呼ばれるフレームタイプのSUVの販売も増えているといいます。

 今回、登場したヨコハマのジオランダーX-ATは、そんなフレームタイプのSUVやピックアップ車などをターゲットにしたオフロードタイヤです。

 具体的にはトヨタ「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」「ハイラックス」「FJクルーザー」、ジープ「ラングラー」、さらにリフトアップしたカスタムSUVなどをターゲットにしています。

 オフロード用タイヤをカテゴリーで分けると、おもにオンロード(舗装路)走行に対応した「ハイウェイテレーン(H/T)」、オンロード走行を前提としながら軽いオフロード(泥濘路)走行も可能とした「オールテレーン(A/T)」、そして本格的なオフロード走行用の「マッドテレーン(M/T)」の大きく3つに分類できます。それぞれのカテゴリーでさらに細分化されます。

 ジオランダーX-ATは、その名のとおりA/Tに分類されますが、ヨコハマのオフロードタイヤラインナップで考えると、オールテレーンの「ジオランダーA/T G015」と、マッドテレーンの「ジオランダーM/T G003」の中間に位置するタイヤになります。

 つまり、M/Tタイヤのようにアグレッシブなデザインを持ちオフロード走行に対応しながら、A/Tタイヤのようにオンロード走行での快適性も確保するという立ち位置です。

 ジオランダーX-ATのトレッドパターンは、A/Tながら大型のブロック基調で、派手なデザインになっています。それだけでなく、トレッドデザインが横に張り出したようにサイドウオール上部まで展開、アグレッシブな見た目を実現しています。

 面白いのは、両側のサイド部で異なるデザイン「デュアルサイドブロックデザイン」の採用です。これは、セリアル(製造番号)がついた側は「大型ブロックデザイン」、ついていない方は「ラグタイプデザイン」となっています。

 ジオランダーX-ATは回転方向指定のない対称タイヤなので、タイヤの表側と裏側を逆にしてホイールに組み付けても性能に変わりはありません。ユーザーの好みで2つのサイドデザインのなかから、好きな方を表にすることができます。

 技術資料を読むと、プライ構造やナイロンフルカバーを採用することで内部構造を強化、耐久性と耐パンク性を向上したり、トリプルポリマー採用のM/T系のオフロードコンパウンドを使うことで耐摩耗性能や耐カットチッピング性能を向上したり、さらにA/T系のピッチ数、配列を採用することでパターンノイズを軽減したり、とあり、オンロード性能もオフロード性能も高次元でバランスさせたオールテレーンタイヤ、という位置づけになっています。

ゴツめのデザインで迫力満点!ヨコハマ ジオランダーX-ATを画像で見る(10枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 配信をやめてください。

  2. ガソリンGSげんしょう大変困るならば田舎役場に無人⛽️や電気スタンド置け
    こうボーナスもらって机で会議だけで市民にやくにたてることやってほしいわ車以外苦労して草刈りガソリン必要わざわざ離れた所まで行かんといけんおかしい世の中