プリウスなぜシニア層に人気? ユーザーから圧倒的支持を誇る理由とは

街中で見かける機会が多いトヨタの「プリウス」。プリウスと聞くとシニア層から支持されるクルマというイメージがあります。なぜプリウスはシニア層から支持を得ているのでしょうか。

シニア層からの人気が高いイメージを持つプリウス

 初代モデル登場から22年。4代目となった今でも圧倒的な新車販売台数を誇り、街中でも見かけることの多いトヨタ「プリウス」。最近では、交通事故の報道によって、プリウスのユーザーにはシニア層が多いという印象を受ける人もいます。

 なぜ、プリウスはシニア層からの人気が高いのでしょうか。

2018年12月にマイナーチェンジしたトヨタ「プリウス」
2018年12月にマイナーチェンジしたトヨタ「プリウス」

 プリウスは、トヨタが世界初の量産ハイブリッド専用車として初代モデルが1997年に発売されました。一時期には、年間30万台以上を販売するなど、世代を超えて人気なクルマといえます。
 
 高齢者からの人気がある理由として、一番に挙げられるのが「燃費の良さ」です。4代目となる現行プリウスのエントリーグレード「E」では、39.0㎞/L(JC08モード以下同様)を誇り、プリウス初となる電気式4WDシステム「E-Four」を採用した4WD車も、34.0㎞/Lの低燃費を実現。

 2015年におこなったフルモデルチェンジでTNGAに基づいて新開発された「GA-Cプラットフォーム」を導入したことで、低燃費を実現するだけでなくデザイン性や基本性能も向上させました。

 プリウスのユーザー層や人気の理由について、トヨタ広報部は次のように話します。

――プリウスのユーザー層を教えてください。

 具体的なプリウスのユーザー層はお教えできないのですが、プリウスを購入する65歳以上のシニア層は、全体の約36%を占めています。65歳以上の購入比率が高いクルマはプリウスのほかにも存在しますが、65歳以上のクルマの購入台数でいえばプリウスが最多です。

――シニア層高齢者に人気の理由はなんでしょうか。

 プリウスはシニア層だけでなく幅広い年齢層に人気があるクルマです。人気の理由としては、「燃費の良さ」「サイズ感」「運転のしやすさ」「一番売れているクルマ」であると考えています。

※ ※ ※

 グレード展開は、「E/S/A/Aプレミアム」の4つで構成されています。エントリーモデルのEグレードの価格は251万円からとなっており、カタログ上の燃費は一番良いです。

 トヨタの販売店によると、「燃費だけでなく安全性も重視したいという場合には、AグレードかSグレードに安全装備を追加するというパッケージをおすすめしています」と説明しています。

なぜシニア層に人気? 新型プリウスの内外装を画像でチェック!(20枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント