小さいからこそ楽しさ倍増! 最新スポーツ軽自動車5選

運転が好き人なら誰もが憧れるのがスポーツカーですが、なかなか所有するのは難しいのが実情です。そこで、軽自動車のスポーツモデルであれば比較的手軽に手に入り、普段使いにもできそうですので、最新の軽自動車のなかから紹介します。

スポーツカーの走りと軽自動車の経済性を両立

 運転が好きなら誰もが憧れるのがスポーツカーではないでしょうか。しかし、生活環境や経済的な事情もあり、本格的なスポーツカーを所有するのはハードルが高いでしょう。

スポーティな軽自動車は見た目も大事

 そんな人にオススメしたいのがスポーツカーの楽しさを持ちながら、維持費が安いスポーティな軽自動車です。

 とくに最新のモデルであれば操る楽しさを味わえるのはもちろん、安全装備なども充実してきていますので、なかにはセカンドカーではなくファーストカーとして十分使えるものもあります。

 そこで、乗って楽しいスポーツ軽自動車を5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「S660」

本格的なスポーツカーとして開発された「S660」

 ホンダ「S660」は2015年に発売された、ミッドシップ・オープン2シーターのマイクロスポーツです。

「Nシリーズ」に搭載されていた660cc直列3気筒DOHCエンジンに、新設計のターボチャージャーを組み合わせ、優れたアクセルレスポンスを実現しています。

 それを、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブレイアウト)のシャシに搭載し、前後重量配分が45:55という理想的なバランスを実現。

 トランスミッションは1速から5速をクロスレシオ化した6速MTと、CVT(7スピードモード付)が選択でき、軽自動車でありながら本格的なスポーツカーとなっています。

 車体の動きをコントロールするためにブレーキ制御を活用して、コーナーリング時に少ないハンドル操作でスムーズな車両挙動を実現する「アジャイルハンドリングアシスト」をホンダの軽自動車で初めて採用。

 また、フロントに165/55-15、リアに195/45-16のヨコハマタイヤ「ADVAN NEOVA AD08R」を採用し、軽自動車という制約のなかでも運動性能を最大限に引き出しながら、オープンボディで爽快なドライブが可能です。

 価格は、ベーシックグレードの「β」なら198万720円(消費税込、以下同様:6MT/CVTともに)ですので、内容を考えると決して高価ではないかもしれません。

 一方、ダンパーの減衰力を5段階に可変できるサスペンションやドリルドタイプディスクローター/スポーツブレーキパッドなどの専用部品が加えられ、内外装に上質なデザインと高い質感が与えられた「S660 Modulo X」は、285万120円と、こちらは軽自動車としてはかなり高額となっています。

●ダイハツ「コペン」

手軽にオープンエアドライブが楽しめる「コペン」

 2002年に発売された2ドアオープンクーペの初代ダイハツ「コペン」は、軽自動車ならではの維持費の安さでセカンドカーとして高い人気となります。

 2014年には初代のコンセプトを受け継ぎながらも、樹脂外板パーツを着せ換え可能とした2代目が発売されました。

 外観はアグレッシブをテーマとした「XPLAY(エクスプレイ)」、スポーツカーとしての躍動感を高めたデザインの「Robe(ローブ)」、豊かな曲面を緻密に造り込んだ初代のイメージを色濃く残す「Cero(セロ)」がラインナップされ、RobeとCeroは「ドレスフォーメーション」と呼ばれるクルマ全体の着せ換えが可能となっています。

 また、全車共通の電動で屋根が開閉できる「アクティブトップ」も魅力です。

 エンジンは64馬力を発揮する660cc直列3気筒DOHCターボで、トランスミッションは7速スーパーアクティブシフト付CVTと5速MTを選ぶことができます。

 ベーシックなRobeとスポーティなルックスのXPLAYの価格は同額で、CVT車は185万2200円、5MT車は187万3800円。

 さらにスポーティなビルシュタイン製ショックアブソーバーを標準装備した「XPLAY S」と「Robe S」のCVT車は205万2000円、5MT車は207万3600円です。

 初代のイメージを残すCeroではCVT車は190万6200円、5MT車は192万7800円、同じく「Cero S」はCVT車が210万6000円、5MT車は212万7600円となっています。

●ダイハツ「キャスト スポーツ」

専用にチューニングされた足回りを持つ「キャスト スポーツ」

 2015年に発売された軽トールワゴンのダイハツ「キャスト」は、SUVタイプの「キャスト アクティバ」とレトロな外観の「キャスト スタイル」、専用サスペンションチューニングを施しスポーティさを演出した「キャスト スポーツ」の異なる3つのバリエーションが存在します。

 キャスト スポーツでは、最高出力64馬力の660cc直列3気筒DOHCターボエンジンに、7速マニュアルモードが付いてアクティブなドライブが楽しめるCVTが組み合わされます。

 ハンドルを握ったまま指先で操作できるパドルシフトでシフトダウンすると、素早くショックの少ないシフトダウンを実現する「ブリッピング制御」も採用され、まるでMT車でスポーツドライブをしているような気分に。

 レッドのピンストライプ付エアロバンパーと、フロントグリルに装着されているエンブレムはキャスト スポーツ専用品で、内装もブラックのレザー調シートにレッドステッチが施されるなどスポーティさを演出しています。

 2WD車では、直進時や旋回時の安定感向上など、よりスポーティな走りを追求したチューニングサスペンションと、16インチタイヤ&アルミホイールを標準装備。

「キャスト スポーツ“SA III”」の価格は2WDが164万7000円、4WDが177万1200円です。よりスポーティな走りを楽しみたいのであれば2WDを選択した方がよいでしょう。

小さくてもホットだぜ! スポーツ軽自動車を画像でチェック(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント