GT-RやフェアレディZも雪上試す! 日産の様々な4WD車を極寒の地で徹底チェック

日産自動車がメディア向けに開催した「Nissan Intelligent Mobility(ニッサン・インテジェント・モビリティー)雪上試乗会」のレポートをお届けします。試乗モデルはピュアEVの「LEAF」のほか、「ノート e-POWER」「セレナ e-POWER」はじめ、雪とは縁遠い存在と思えるスポーツモデルの「フェアレディZ」や「GT-R」まで用意されたゴージャスかつバラエティー豊かなものでした。

まずは昨年追加された「ノート e-POWER」四駆からチェック!

 各地で降雪の声が聞こえるようになると、我々自動車業界人はまるで民族大移動のように、雪国へと大挙して乗り込んでゆくのが通例です。なぜならばこの時期にしか体験できない試乗シーンが、そこにはたんまり用意されているからなのです。

 そう、それはズバリ、スノードライブ。まずは日産自動車がメディア向けに開催した「Nissan Intelligent Mobility(ニッサン・インテジェント・モビリティー)雪上試乗会」のレポートをお届けします。

雪上コースを走る日産GT-R

『ニッサン・インテジェント・モビリティー』とは、『もっと安心して意のままになるドライビング、走りの快感、常に社会とつながる便利さを通してお客さまがワクワクするような体験を実現します』(※日産自動車のプレゼンテーションより引用)という日産自動車のクルマづくりへの取り組みへの考え方なのですが、此れ雪上にも然り、ということで試乗会にもこのようなタイトルを付けたのだとか。

 今回の試乗モデルはそのニッサン・インテジェント・モビリティーを体現するピュアEVの「LEAF」のほか、「ノート e-POWER」「セレナ e-POWER」はじめ、雪とは縁遠い存在と思えるスポーツモデルの「フェアレディZ」や「GT-R」まで用意されたゴージャスかつバラエティー豊かなものでした。それぞれを短評でお届けします。

 さて、日産といえば昨年「国内登録車販売台数ナンバーワン」に輝いた「ノート」の好調すぎる売れ行きが伝えられていますが、実は雪道においてもこの「ノート」とくにe-POWERモデルの信頼性はなかなかのものです。

「ノート e-POWER」には昨年、待望の四輪駆動が追加されました。

「ノートe-POWER」は、搭載されたガソリンエンジンを発電機として使用することで、駆動の100%をモーターで出力するという電気自動車の種類のうちのひとつです。追加された4WD技術は、そのモーターを利用したモーターアシスト方式で、前後それぞれを独立したモーターで駆動させています。駆動配分は100分の1秒単位で制御され、雪道においてもっとも不安な領域である0km/hから30km/hまでを四輪駆動でアシストし、それ以上の速度域では従来どおり二駆(前輪駆動)で走行する、というものです。

 それにしてもわずか30km/hまでの速度域までしか四輪駆動にならないって、「一体大丈夫なの?」と、筆者(今井優杏)も乗り込むまではやや不安があったのですが、いざアクセルペダルを踏んでみれば、スタート時にタイヤが空転するようなことは皆無でした。

 試乗シーンは折しも寒波到来の中、時折ホワイトアウトを起こすほどの悪天候だったのですが、相当なる降雪量の一般道でも、またハイスピードコーナーが用意され、磨き挙げられたクローズド・コースでも安定した印象は変わりません。

 もちろん「e-POWER」ならではの「ワンペダルドライブ」も健在。アクセルペダルひとつで雪道をワシワシと走る楽しさは、これまでにないワクワク感を連れてきてくれます。

 また、「e-POWER」は減速時にモーターにてエネルギー回生を行います。路面状況に応じて最適な回生ブレーキを発生させるという技術が搭載されているため、これまた雪道走行では不安要素となるブレーキ側でも、滑りやズレのない安定した減速が出来るのも印象的でした。

 それはミニバンの「セレナ e-POWER」でも同じです。

GT-R、Zの雪上での4WD性能を画像でもチェック!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事