これぞニッポンの誇り! 世界の自動車メーカーに影響を与えた国産車5選

クルマの勢力図を変えた「プリウス」

●トヨタ「プリウス」

動力源のイノベーションに成功した「プリウス」

「ハイブリッド」というとクルマの場合はエンジンとモーターといった異なる動力源を搭載した場合の総称になります。

 ハイブリッド車の歴史は大変古く、19世紀には作られていました。それから各国のメーカーは試作を繰り返しましたが、コストや重量増、制御技術の難しさにより量産化できませんでした。

 そして1997年にトヨタが量産車初のハイブリッド車「プリウス」を発売します。「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーが大いに話題となりました。

 当時として驚異的な28km/L(10・15モード)という低燃費を実現。これは、従来のガソリンエンジン搭載のAT車に比べ、約2倍の燃費性能であり、CO2の排出量を約1/2に削減することに値しました。

 さらにCO、HC(炭化水素)、NOx(窒素酸化物)といった大気汚染物質を、当時の規制値の約1/10にすることにも成功しています。

「プリウス」の発売を期に世界中のメーカーがハイブリッド車の研究開発し量産化に成功。いまなおエコカーの主流に君臨しています。

【了】

この日本車が世界を変えた!エポックメイキングなクルマを画像で見る(16枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事