これぞニッポンの誇り! 世界の自動車メーカーに影響を与えた国産車5選

クルマ作りの品質を変えた「セルシオ」と「NSX」

●トヨタ「セルシオ」

驚異的な静粛性を実現した「セルシオ」

「ロードスター」と同じく平成元年に発売されたトヨタ「セルシオ」は、「クラウン」と「センチュリー」の間に位置する高級車として開発されました。

 また、北米で始まる高級車ブランド「レクサス」の立ち上がりの1モデルとしても重責を担っていました。

 トヨタは「セルシオ」を開発するにあたって、それまでのクルマ作りの概念を一新させ、部品一つひとつの設計から見直し、これまでにない静粛性と操縦安定性を目指しました。

 結果、「セルシオ」はメルセデス・ベンツやBMWといった欧州高級車を上回るほどの品質のクルマになり、世界的にも大きな話題となりました。

「セルシオ」の誕生を驚異に感じた各国の高級車メーカーは、その後の新型車開発の考え方を変えざるを得なかったといいます。

●ホンダ「NSX」

実用性もあるスーパーカーとして高い評価を得た「NSX」

 トヨタよりも前にホンダは北米で高級車ブランド「アキュラ」を立ち上げていましたが、その「アキュラ」のフラッグシップとなるスポーツカー「NSX」は1990年に日本でも販売が開始されます。

 和製スーパーカーとしてシャシを含めオールアルミのボディに、新開発の3リッターV6のVTECエンジンを搭載。ドイツのニュルブルクリンクで鍛えられたサスペンションと、高い空力性能により本物のスーパーカーに仕立てられました。

 ちょうどバブル絶頂期ということもあって、日本での発売時にはすでに3年分のバックオーダーを抱えていたといいます。

「NSX」はスーパーカーでありながら、乗り心地や高い実用性も追求されていました。実際に、後部には2組のゴルフバッグを積むことができ、イージードライブが可能な4ATも選べ、誰もが運転することができるスーパーカーでした。

 当時はスーパーカーに実用性や快適性は求められておらず、「NSX」を批判する意見もありました。しかしフェラーリやランボルギーニは「NSX」の品質を目の当たりにして、後のモデルでは大幅な品質向上に務めることになります。

この日本車が世界を変えた!エポックメイキングなクルマを画像で見る(16枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事