日産「リーフ」 新型グレードから中古価格、充電設備までを紹介

国産車のなかで電気自動車といえば、日産「リーフ」です。各メーカーでは、同様のEV車やPHEV車などラインナップしていますが、日産「リーフ」の販売が好調な理由とはなんなのでしょうか。

新型「リーフ」の充電時間や走行距離は?

 クルマの電動化が進むなかで、早くから量産モデルとして登場している日産「リーフ」。2018年の販売台数を見ても、毎月平均2400台売れています。デビュー当初は、走行距離や充電設備の少なさを不安視する声もありましたが現状はどうなのでしょうか。

2017年に2代目になった新型「リーフ」

 日産「リーフ」は、2010年に初代モデル(ZE0型)が登場し、2017年に新型「リーフ」として2代目にフルモデルチェンジしました。

PR国産EVの代名詞!日産リーフの中古車を見る

 日産「リーフ」の最大の特徴は、電気自動車(EV車)という点です。一般的なクルマと違い、燃料を使用せず、自宅や充電ステーションにて、充電をおこない走行できます。

 新型モデルの「リーフ」は、40kwhの駆動用バッテリー容量を搭載し、フル充電からの走行距離(燃費)は400km(JC08モード)を誇り、充電時間は、急速モード(約40分)、一般家庭(16時間)になります。初代「リーフ」は、30kwhのバッテリー容量で280kmの走行距離だったことから、大きく進化したモデルです。

 ボディサイズは全長4480mm×全幅1790mm×全高1540mm(標準車)の3ナンバー車です。パワートレインは、エンジンの代わりにモーターを搭載し、最高出力150PS、最大トルク32.6kgf・mを発揮。日産「リーフ」の展開グレードや新型価格は以下になります。

・「S」315万0360円
・「X」351万3240円
・「G」399万0600円
・「X 10万台記念車」370万7640円
・「NISMO」403万2720円

 また、テレビCMで日産「GT-R」が登場する「リーフ NISMO」は、エクステリアにエアロパーツを装着、インテリアデザインをスタイリッシュするなど、よりスポーティさを強調。さらに、専用チューニングされたコンピューターを搭載することにより、NISMO仕様ならではの力強く俊敏なアクセルレスポンスになっています。

新型「リーフ」の詳細を画像で見る(11枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事