新型センチュリーとレクサスLSはどう選ぶ? トヨタ最高級車の存在意義とは

新型センチュリー、ボディカラーは摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ
新型センチュリー、ボディカラーは摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ
几帳面のラインが映えるサイドボディ
新型センチュリーのフロント
奥に七宝文様が見えるフロントグリル
片側24個のLEDを使ったヘッドライトは「アダプティブハイビームシステム(AHS)」を搭載
LEDを使ったリアコンビネーションランプ
撮影車のタイヤはブリヂストンのREGNOを装着
ハイブリッドのエンブレムを装着
リアシートからフロント方向を見る
後席折り上げ天井、紗綾形崩し柄の織物を採用
後席折り上げ天井、紗綾形崩し柄の織物を採用
スカッフプレート。毛足の長い純正フロアマットを敷くと段差がなくなる
リアシートの本杢のドアハンドル
運転席
リアシート、本革仕様「極美革(きわみがわ)」となる
オプティトロンメーターを装備、ハイブリッド動作状態のメーターもある
新型センチュリー、ボディカラーは摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事

×