ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは

記事ページへ戻る

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. エンジンが必要ないならボンネットバンである必要もないので廃版のアクティのボディー形状を引き継いでも良かったのではと。
    軽バンの中では室内長が短いN-VAN(ボンネットバン)のBEV方式の位置づけ。どうせならラジエーターもエンジンルームのスペースをも考慮しないホンダらしい未来的なボディー形状に期待したい。
    せっかくなのでエンジンルームはトランクとかクール庫(冷蔵・冷凍)として利用されても面白いかも。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー