なぜベントレーは再生可能燃料でモータースポーツに挑戦するのか? 3冠を狙う「コンチネンタルGT3パイクスピーク」とは

ベントレー史上もっとも大きなリアウイングが取り付けられた
「コンチネンタルGT3パイクスピーク」は、ベントレーがパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでの3冠を目指して開発した
ベントレー史上もっとも大きなリアウイングが取り付けられた
カーボンファイバーのインテークマニホールドも、標準仕様と比べより厚く強固になっている
カラーリングは、ロジャー・クラーク・モータースポーツの黒と金のテーマと、パイクスピークマウンテンのグラフィックが組み合わされている
ドライバーは、パイクスピークで3度の優勝経験を持つ元「キング・オブ・ザ・マウンテン」のリース・ミレン氏だ
エアロパーツの大部分は、クルーの工場でラピッドプロトタイプ技術を用いたカーボンナイロンフィラメントで作られている
温室効果ガスを最大85%削減できる持続可能な方法で作られたe-fuelへの技術的な足がかりとなる98RON再生可能レーシング燃料を使用する
現在、ベントレーの「コンチネンタルGT3パイクスピーク」は、3回の動的テストセッションと再生可能燃料エンジンの開発を終えている
「コンチネンタルGT3パイクスピーク」は、最終調整をおこなっている最中だ
「コンチネンタルGT3パイクスピーク」は、最終調整をおこなっている最中だ
再生可能燃料でチャレンジすることで注目を集めているベントレー「コンチネンタルGT3パイクスピーク」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント