タイヤ周辺の黒いパーツはなぜ増えた? 「フェンダーモール」強調するクルマが増加する背景とは

東京オートサロン2018でお披露目された「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
東京オートサロン2018でお披露目された「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
東京オートサロン2018でお披露目された「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
学生達が授業の一環として制作した「ヴェルファイア・ピックアップ」(画像提供:NATS)
なぜフェンダーモールを強調するデザインのクルマが増えている?

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 本当にモールをつけているのであれば、実用の面でもありでしょう。
    というのは、降雪地で消雪用に、融雪剤を道路に撒ているのですが、タイヤハウス付近に融雪剤が付着すると、そこから錆が起きるのです。
    車の下部は、さび止めを塗って対処する人が多いのですけれど、タイヤハウスについては、雪が付着して、雪を取ろうとして、キズをつけて、そこから錆が起きることが多いのです。
    モールがあれば、さびから防護できるようですし、さびがあっても、隠れる形になるので、実用性はあるでしょう。単なる飾りだとは言えないです。