「世界一厳しい道」で鍛えられたレクサス新型「IS」 パワー競争から脱却図る狙いとは?

レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」
レクサス新型「IS」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. うーん。
    新しいプラットフォームのクラウンをニュルで鍛えたと言っていなのに、マイナチェンジのグローバルISを下山で鍛える。ピンとこない。

  2. 2リッターのターボの諸元見ないと分からんけど特に頭が軽いとは思えんのだがな
    先代クラウンでも一番軽快なのがV6ロイヤルだった気もするが?
    初代クラウンマジェスタのようにNAで直6とV8を比較したら直6が軽いだろうがISなんて大して変わらんとちがうの?、なんかサーキットで毎度お約束のコメントと言うか?諸元の重量分布や燃料が満タン?とか今一伝わらないな。

  3. ま、所詮レクサスでしょ。ヨーロッパ勢のファンとしては、足回りも剛性も敵わないだろうね〜、何よりデザインが最悪!かっこ悪い、いつまでも変わらないカッコ悪さw