ナメちゃダメ! 車のガス欠 燃料警告灯の点灯後何キロ走れる? ガス欠時の正しい対処法は

レクサス「LX」
トヨタ「ランドクルーザー」
レクサス「LC」
出かける前の空気圧チェックも大切
万が一ガス欠を起こすと、その後の対処が大変なだけでなく、エンジンの故障の原因や、部品の劣化が進むことにもなる
燃料警告灯が点灯したら、早めに最寄りのガソリンスタンドで給油をおこなうべき
燃料警告灯が点灯しても一般的に50kmから100km程度走れるといわれているが、道路状況や走行速度、エアコンの使用状況などで変化する
高速道路で燃料警告灯が点灯したら、基本的に約50kmの間隔を目安に設置されているサービスエリアにガソリンスタンドがあるので、次のサービスエリアで直ちに給油する
サービスエリアであってもガソリンスタンドの設置がないところがあったり、ガソリンスタンドの設置間隔が100km以上あいている区間も存在するので注意
こまめな給油でガス欠トラブルは防ぐことができる
こまめな給油でガス欠トラブルは防ぐことができる
こまめな給油でガス欠トラブルは防ぐことができる
もしも走行中にガス欠になってしまったら?(写真はイメージ)
燃料警告灯が点灯! あと何キロ走れる?(写真はイメージ)

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント