ブルガリ・アルマーニとのダブルネームのゴージャスなフィアット「500」が誕生!

ブルガリが過去に発表し販売したシルクスカーフを張り地として使用
シートサイド部にもスカーフ生地がインサートされた
過去のシルクスカーフを再利用したというのが、ポイント
シートには「BVLGARI」の文字が金刺繍される
シートは青緑色の鴨の羽色の本革に「Diva」パターンのエンブロイダリー刺繍が施される
ステアリングホイール中央には、アメジスト、トパーズ、シトリンを使った、取り外し可能なブローチが取り付けられている
「MAI TROPPO」とは、あふれる豊かさを意味する
サフランカラーのパール塗装は、色彩豊かなローマの落日に刺激されたカラーだ
使用される塗料は、ジュエリー製作において生まれた端材を使った金粉が混ぜられている
ホイールは伝統的にブルガリのシンボルとされてきた星形デザインに、ブラックのラッカーとゴールドのトリムの組み合わせ
革新的な不透明塗料である「トップコート エアライト」を使用
レーザー技術を駆使し、服飾生地の3次元にできるだけ近づけることを目指し、車体のスチールパネルに専用のマイクロシェブロン(杉綾)模様仕上げ(エッチング)を施した
ホイール・デザインには、おなじみのGAロゴ
オリジナルカラーであるアルマーニ・グレイグリーンが、「シルキー効果」によって引き立てられる
塗料である「トップコート エアライト」には酸化チタンが含まれ、公害物質や臭いを吸収して空気を浄化する効果がある
ダッシュボードインサートは、木目を活かした再生材を薄いアルミニウム製インレイで縁取られている
シートカラーは「グレージュ(グレイのニュアンスのあるベージュ)」
ダッシュボードには再生材が利用されている
Armani/Casaラインのエレガンスと現代性によってインスパイアされたデザイン
なめらかで彫刻的な美をもつダッシュボードインサート
シート地はポルトローナ・フラウにより供給されたフルグレインの認証済み天然皮革を採用
ヘッドレストにはGAロゴが刺繍される
「カブキランプ」にヒントを得た「500 Kartell」
ボディパネルの表面は、環境に優しいクロム塗料を採用した、ミラーエフェクト・カルテルブルーで塗装
パラボリックプロジェクターから回収されたポリカーボネイト素材を使用したホイール
カブキランプの透明なレースのような質感をグリルでも再現
インテリアに採用される触感のよいテキスタイルのプラスチック素材は、最新のカルテル製のチェアと同様に100%リサイクルのポリプロピレン
ファブリックはナチュラルで暖かい雰囲気だが、リサイクル・ポリエステル100%の素材
ブルガリが手掛けた、「B.500 MAI TROPPO」
アルマーニが手掛けた「500 Giorgio Armani」
インテリアなどで有名なカルテル作「500 Kartell」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント