コレは凄い! トヨタ「センチュリー」匠のスゴ技光る驚きの制作過程とは

トヨタ自動車東日本の東富士工場
センチュリーの象徴である鳳凰マーク
トヨタ自動車東日本の東富士工場「センチュリー工房」
トヨタ センチュリー
手作業で仕上げられるセンチュリーのボディ
手作業で仕上げられるセンチュリーのボディ
手作業で仕上げられるセンチュリーのボディ
手作業で仕上げられるセンチュリーのボディ
センチュリーはコンベアではなく手押し台車で運ばれる
センチュリーの塗装は7層にも及ぶ
センチュリーの塗装は7層にも及ぶ
センチュリーの塗装は7層にも及ぶ
トヨタ センチュリー
内装の取り付けも手作業
全てのセンチュリーに仕上げの保証書がつく
100本以上の蛍光灯で塗装の仕上がりをチェックする
蛍光灯と6つの人工太陽灯でもチェックを行う
センチュリーの象徴である鳳凰マーク
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリー
100本以上の蛍光灯で塗装の仕上がりをチェックする
センチュリーはコンベアではなく手押し台車で運ばれる

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 私も所有してみたいですが、叶いませんけれど
    ロールスロイス、マイバッハを凌ぐ高級で、品格のある世界に通じる車を作り続けて、知名度で2社を追い越して下さい。
    性能では前期2車よりは優れていても、劣ることは無いと思いますが、海外東南アジアでも、何かの式典その他が有る時には、どうしても“ロールスロイス”が大きな顔をして・・・大衆車では日本車が圧倒的に多く走って居ますが、そんな時、日本人として悔しい~思いがします。

  2. 塗装は4層のところ7層で、「ベースカラー」がダブってる。

  3. 塗装に1週間かかるのに、よくも50台/月も造れるもんだな。

  4. トヨタの販売店に勤務していた知人が会社を辞め独立したとき以前から欲しかった日産のプレジデント(2代目、シーマベースの)を買いました。知人曰く「これが1,000万する車か〜!とてもそんな価値無し。トヨタと日産の工場のレベルの差ってこんなに有ったのか」って言ってました。90年代の日産はこうして凋落していったのかな。そう言ってた知人はその後「Z」に買い替えました。あれっ?