高級車の車検は高い!は本当か 新車時4000万円「ベントレー」の車検費用は?

クルマを持っていると避けられないのが車検です。できる限り安く抑えたいものですが、高級車であればあるほど、車検費用も高くなるものなのでしょうか。

高級車の車検に関するウワサあれこれ

 新車購入後は3年、それ以降は2年ごとに必ずやってくるのが車検です。クルマに乗る以上避けられないこの車検制度によって、日本を走るクルマは良好な状態を保っていられるとされていますが、ユーザーにとっては出費が痛いというのも事実です。

1996年式のベントレー・コンチネンタルRのエンブレム

 何よりも不安なのは、実際にいくら掛かるか予想しにくいということです。台数が多く、たくさん走っている車種であればインターネットである程度の情報は得られます。

 しかし、数がそれほど多くない高級車や、希少車であればなかなか情報も得られません。憧れの高級車を手に入れようと思っても、車検費用など維持費の面で尻込みしてしまう人もいるかも知れません。

 ここでいう車検費用とは、自動車重量税、自賠責保険料(24カ月)、印紙代を合わせた「法定費用」と、車検を通すため必要に応じて行う「整備費用」を合計したものです。

 法定費用は、クルマの重量などによって決定されるので事前に金額を把握することが可能です。整備費用については、クルマの状態によって異なるので、費用を予測するのが難しいのが普通です。

 特に、高級車は「部品代も高い。輸入車の場合は海外から取り寄せるのでもっと高い」といったものから「高級車に乗る人は金持ちだから、車検代は必然的に高くなる」といった首をかしげるようなものまで、さまざまなイメージで語られますが、実態はどうなのでしょうか。

新車当時は約4000万円もの高級車「ベントレー・コンチネンタルR」(8枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事