限定500台/500万円でも8時間で完売! スバル「WRX STI RA-R」の魅力とは

STIの最新作がWRX STIをベースにした500台限定の「TYPE RA-R」。2018年7月19日11時に発表されましたが、その日の19時には完売との発表がありました。その魅力や特徴はどこにあるのでしょうか。

「WRX STI TYPE RA-R」はSTIコンプリートカーの最高峰

 SUBARUとそのモータースポーツを担当する関連会社であるスバル・テクニカ・インターナショナル(STI)は、これまでさまざまなコンプリートカーを世に生み出してきました。その最新作がWRX STI をベースにした500台限定の「TYPE RA-R」。2018年7月19日11時に発表されましたが、その日の19時には完売との発表がありました。その魅力や特徴はどこにあるのでしょうか。

即日完売した500台限定のスバル「WRX STI RA-R」

「サーキット走行を楽しみたい人、自分で手を加えてクルマを仕上げたい人、そして手が届きやすい価格で性能の高いクルマが欲しい人。そういった人に向けて性能、装備、価格を決めました。ポジショニング的にみると、プレミアム性は控えめですが運動性能はSTIコンプリートカーの最高峰です」

 開発をまとめたSTI商品開発部の森 宏志さんはそう言います。

 0-100km/hの加速性能がわずか4.8秒の動力性能、コーナリング時の限界G、スラローム通過速度、そしてブレーキ性能ともにSTIコンプリートカー史上最高のパフォーマンスを備えつつ、価格は税込みで499万8240円(税抜462万8000円でベース車の112万8000円高)。エンジンまで手を加えたSTIコンプリートカーとしては驚くほど安い価格に設定されているのです。

「TYPE RA-R」の注目ポイントのひとつがエンジンです。回転系部品の重量差を通常エンジンよりも減らす「バランス取り」をした部品を使って汲み上げ、ボールベアリング・ツインスクロールターボと専用ECUを備えたエンジンはノーマルの308psに対して21psアップの329psを発生。これは2017年秋に450台限定で販売されたコンプリートカーの「S208」と同じもので、同社のWRX STIをベースとしたモデルとしては最強のスペックです。

 対照的に「S208」と大きく異なるのが軽量化。S208はベースのWRX STIに対して何かをはぎ取るのではなく、様々な専用パーツを(ときには標準装着品と交換して)追加していく作り方でした。

ほぼ8時間で完売したスバル「WRX STI RA-R」を写真でチェック(27枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事