ホンダ、初代誕生から60年 最新装備を採用した新型「スーパーカブC 125」を発売

ホンダは、発売開始60年で世界累計生産1億台突破したスーパーカブシリーズに初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させるデザインの「スーパーカブC 125」を9月14日に発売します。

全世界で愛されるスーパーカブシリーズに最新装備採用の新型を追加

 ホンダは、1958年の初代スーパーカブC100発売から2018年8月で60年、最新装備を採用した原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」を9月14日(金)に発売します。

パーソナルコミューター「スーパーカブ C125」

 スーパーカブ C125は、歴代スーパーカブシリーズの特徴的なデザインである、レッグシールド(足元の風除け)からリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたシルエットに、初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させる“鳥が翼を広げたような形のハンドル”部から、フロントフォークまでを一体にしたスタイリングとしています。

 車体は、スーパーカブ110をベースに、構成部品の剛性を高め125ccエンジンの動力性能に対応した安心感のあるハンドリングを実現。足回りは、前後サスペンションのストローク量を最適化することで、快適性のさらなる向上に寄与しています。

 エンジンは、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジン(9.7馬力)を搭載し、各部の最適化を図ることで、静かで変速ショックの少ない乗り味を実現しています。

 最新装備は、省エネルギで長寿命のLED灯火器や、スマートキーを携帯し車両に接近することで、衣類のポケットなどからスマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠でき、さらに、エンジン始動もできる「Honda SMART Key システム」の採用。

 メーターは、クロームメッキのリング外側にアナログ表示、内側にデジタル表示を採用し、スマートな使い勝手と上質感を追求しています。

 スーパーカブシリーズは、初代モデルを発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層のに愛用されているロングセラーモデルです。

パーソナルコミューター「スーパーカブ C125」(パールニルタバブルー)

 カラーリングは、初代スーパーカブの印象を踏襲した「パールニルタバブルー」を採用しています。「スーパーカブ C125」の価格は、39万9600円(税込)で販売計画台数は、国内年間3000台です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事