若者や女性にも人気 新型「カマロ」は過激なポニー? シボレー

初代シボレー・カマロは1967年に誕生しました。それ以来、富める国アメリカを象徴する2ドアスポーツカーとして人気を誇ってきました。その歴史は半世紀になります。6代目となる新型は、どんなクルマなのでしょうか!?

時代を経て迫力のあるクルマに変貌

 新型「カマロ」が日本に投入されました。「カマロ」の特徴は、ポニーカーと呼ばれ、親しまれてきたことです。

新型シボレー「カマロ」

 ポニーカーとは、4名もしくは5名乗りの2ドアスポーツカーのことです。徹底的に走りだけを追求した2名乗りのスポーツカーではなく、比較的コンパクトなボディに程よいパワーのエンジンを搭載しているクルマなのです。

 ポニーとは小型の馬のことです。アメリカ南部では、本格的に乗馬を始める前に小型で従順な性格のポニーで、馬に乗る練習をはじめます。

 つまり、若者が最初に手に入れるクルマのことを、ポニーになぞらえたのですね。そのことから、ポニーカーと呼ばれてきたカマロの性格が想像できます。

 ただし、時代を経るに従って、根底ではポニーカーという思想を守りながらも、迫力のあるクルマへと変貌していくことになります。

この記事の画像をもっと見る(23枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事