トヨタ「C-HR」がSUV新車販売台数年間第1位を獲得

トヨタ「C-HR」は、2017年に117,299台販売しSUV新車販売台数第1位を獲得したことを発表しました。

トヨタ「C-HR」の年間販売台数は、117,299台

 トヨタは、「C-HR」の2017年(1-12月)における軽自動車および海外ブランドを除く販売台数が117,299台となり、SUV新車販売台数第1位(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会調べ)となったことを発表しました。

「C-HR」は、特徴的なデザインと走りに徹底的にこだわり開発したSUVとして、2016年12月に発売しました。

「C-HR」には、TNGA(Toyota New Global Architecture)による新プラットフォームを採用し、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/Lの低燃費(JC08モード走行燃費 国土交通省審査値)を実現してます。

 2016年まで3年連続でSUV新車販売台数第1位のホンダのヴェゼルは、2017年は64,332台販売し、SUVでは2位(乗用車全体15位)に入りました。

【了】

この記事の画像をもっと見る(1枚)

画像ギャラリー

最新記事