ダイハツ新型「“FR”スポーツカー」登場する!? “旧車デザイン”の「大きなコペン」市販化は? 軽規格超えの「Vコペン」は何を示すのか

2023年秋の「ジャパンモビリティショー2023」で、ダイハツは「VISION COPEN(ビジョン コペン)」を公開しました。同モデルは、何を表すモデルで、市販化はあるのでしょうか。担当者に、話を聞いてみました。

ダイハツ新型「大きなコペン」登場なるか?

 2023年秋の「ジャパンモビリティショー2023」のダイハツブースで、スポーツカー好きの心を鷲掴みにしたのが、「VISION COPEN(ビジョン コペン)」でした。

 その名が示すように、ダイハツが世界に誇るマイクロオープンスポーツカー「コペン」の世界観の中で新しい姿を表現したコンセプトカーでしたが、より走りに磨き上げるべく、軽自動車の枠を“飛び越えた”存在とされたことも話題となりました。 

ダイハツ新型「ヴィジョンコペン」は何を示す?
ダイハツ新型「ヴィジョンコペン」は何を示す?

 VISION COPENは、初代コペンを彷彿させるスタイルを持つ小型オープンスポーツカーとして提案されました。

 そのツルンとした卵を彷彿させるスタイリング、フォルムをそっくりにした前後マスクなどの特徴は、まさに初代コペンと重なります。

 しかし、大きく異なるのが、その伸びやかサイドビューでしょう。特に注目すべきはタイヤの位置です。

 ロングホイールベースとなり、前輪の位置はキャビンから離れた場所に配置されたほか、後輪もワイドトレッド化され、ブリスターフェンダーを備えています。

 これは単に軽自動車の枠を超え、登録車サイズになっただけではく、駆動方式をFF(フロントエンジン・フロントドライブ)からFR(フロントエンジン・リヤドライブ)に変更したことを示しています。

 そのボディサイズは、全長3835mm×全幅1695mm×全高1265mmとし、ホイールベースも2415mmまで拡大されています。

 現行型コペンと比較すると、全長が+440mm、全幅が+220mmのサイズアップを図りつつ、全高は-15mmとすることでスポーツカーらしいワイド&ローのシルエットを強調しています。

 さらにホイールベースは、+185mmとすることで、FRレイアウトに必須となる縦置きエンジン構造を可能とするロングノーズに仕立てています。

 搭載されるパワートレインは、1300ccのエンジンということだけが明かされています。気筒数や過給機の有無、トランスミッションなどは非公表。

 ただし、次世代スポーツカーのコンセプトということで、カーボンニュートラル燃料を見据えたものとされています。

 機能面では、歴代コペン同様に、2シーターと電動格納式ルーフという特徴も受け継いでいますが、詳細な装備や機能については明かされていません。

 この色々な意味で成長したコペンのコンセプトカーは、どのように生まれたのでしょうか。

 ダイハツ工業によれば、第1回開催となる「JAPAN MOBILITY SHOW」出展にあたり、創業以来持ち続けてきた「お客様に寄り添い、暮らしを豊かにする」という現在のビジョンに込められた思いを出展テーマとしたそう。

 そこで「VISION COPEN」では、コペンの気軽にオープンエアーを楽しむコンセプトを継承しながら、走る喜び・楽しさを追求した姿を形にしたとします。

 コンセプトカーのデザインでは、初代の特徴である普遍的な美に加え、スポーツカーらしいスピード感や軽快さを与えつつ、その流行り廃りに流されないタイムレスなデザインであることも大切にし、初代デザインの志をコンセプトカーに落とし込んだそう。

 初代のデザインを踏襲しながらも、FRスポーツカーの性能と佇まいを加えるという相反する要素のバランスに拘ったとのこと。

 特に初代コペンを象徴する「お椀を伏せた形」をよりスポーティーなデザインにすることに力を入れたとし、サイズやタイヤ位置が変化しながらも、コペンらしさにあふれるのは顔付きだけでないことに納得しました。

 軽ではなく登録車としたことについては、「走る喜び・楽しさを追求する視点で、FRレイアウトと、安全性や走行性、快適性などを考慮したため」とのことでした。

展示車自体は、モックアップであるため走ることはできないそうですが、デザインにこだわったことを象徴する用意…ルーフトップも製作されたそう。JMS2023の展示では、オープンスタイルだけだっただけに、出来ればクローズドスタイルも見てみたいものです。

 これだけの完成度の高いデザインを見せられると、どうしても気になるのは、コペンの未来についてです。

 市販化については尋ねると、あくまでコンセプトカーとし、走る喜びを体感いただくための一つの可能性として展示とのこと。

 ただ軽EVのオープンカーコンセプト「OSANPO(オサンポ)」との同時展示されたことも意味深に思えてきます。

 軽と登録車ですみ分けや登録車への昇格など、新たなコペンの未来にも期待が膨らみます。

 今後については、顧客からの反応を踏まえて将来の姿を考えていくそうなので、コペンを育てるためには、ファンから理想とするコペンについてのメッセージを伝えることも大切なようです。

【画像】超カッコイイ! ”軽規格超え”の新型「Vコペン」を 画像で見る(33枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 大音安弘(自動車ライター)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者へ。その後、フリーランスになり、現在は自動車雑誌やウェブを中心に活動中。主な活動媒体に『ナビカーズ』『オートカーデジタル』『オープナーズ』『日経トレンディネット』など。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー