マツダ新型「ステーションワゴン」!? 美麗スタイルで「マツダ6“ワゴン”」後継モデル誕生? 登場熱望の「EZ-6ワゴン」予想CGに反響アリ

中国で発表されたマツダの新しい電動セダン「EZ-6(イージーシックス)」。早くもそのステーションワゴン版の妄想CGが、メーカー非公認ながらSNS上で公開されました。同CGに対し、SNSなどでは様々な反響が見られます。

マツダ新型ステーションワゴン!? 「EZ-6 ワゴンCG」に反響あり

 中国で発表されたマツダの新しい電動セダン「EZ-6(イージーシックス)」。早くもそのステーションワゴン版をイメージした“妄想” CGが、メーカー非公認ながらSNS上で公開されました。

マツダの“新型ステーションワゴン”登場に期待感高まるCGに対し、SNSなどでは様々な反響が見られます。

ワゴンでもカッコイイ! マツダ新型「MAZDA EZ-6」のワゴンモデルCG(Photo:Sugar Design)
ワゴンでもカッコイイ! マツダ新型「MAZDA EZ-6」のワゴンモデルCG(Photo:Sugar Design)

 EZ-6は、マツダと中国長安汽車の合弁会社「長安マツダ」が開発・製造を行う新エネルギー車(EV、PHEVなど)の第1弾。

 デザインテーマ「オーセンティック×モダン」のもと、マツダのフィロソフィー「魂動」特有の生命感やエレガンスを表現しながら、電動化時代にふさわしいモダンな要素を融合。シンプルで伸びやかなクーペスタイルを打ち出す4ドアセダンです。

 このEZ-6は、日本でも販売されたセダン/ステーションワゴンである「MAZDA6」の後継モデルとも目されており、“ステーションワゴン版”の登場に期待がかかっています。

 そんな中、EZ-6ワゴンと名付けられたCG画像を、Sugar Designが公開しました。

 EZ-6のルーフラインを後ろに伸ばしながらクォーターピラーをなだらかに傾斜させたほか、クォーターウインドウの形状によって、流麗なスタイリングとワゴンの機能性を両立しています。

 ルーフレールが追加されていますが、高さを抑えたスリムな形状であるためあまり目立たず、シルバー加飾のようなさりげないフィット感です。

 リア斜めからの画像を見ると、リアオーバーハングが若干伸ばされていることが分かります。ワゴンというより、シューティングブレイク(クーペの流麗さを融合させたワゴンスタイルの呼称)寄りのエレガントな趣です。

※ ※ ※

 マツダのデザインテーマをしっかり踏襲し、非公式ながら高いクオリティで仕上げられた同CGに対して、SNSなどでは様々な反響の声が上がっています。

 一番多く見られるのは、デザインに対する賞賛の声です。「マツダのデザインはいつも素晴らしいけど、今回の予想CGは特に美しい!」といった声や、機能性への期待も多く寄せられています。

 また、「家族で使うには完璧な車。広いラゲッジスペースと快適な乗り心地に期待しています」といった実際の登場に期待する声もあります。

 全体を通して、ポジティブな意見が多い同車ですが、期待が集まりすぎていることについての心配や、価格に対する懸念も示されています。

 現時点では、非公式なCGではあるものの、完全に無いとも言えないマツダの新世代ステーションワゴンに期待が高まります。

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「ステーションワゴンCG」を画像で見る(32枚)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー