MTも選べる! 新型「小さな“高級セダン”」実車公開! 丸目“レトロフェイス”が超カッコイイ! ミツオカ「“新”リューギ」登場

光岡は2024年4月4日に一部改良を実施した「リューギ EX」を「ミツオカ麻布ショールーム」(東京都港区麻布台)に実車展示しています。クラシカルなコンパクトセダンの変更点などについて紹介します。

一部改良で安全装備の機能がアップデート

 光岡自動車(以下、ミツオカ)は2024年4月4日、コンパクトセダンの「リューギ EX」およびステーションワゴンの「リューギ ワゴン EX」をそれぞれ一部改良しました。
 
 そんな新型リューギ EXが「ミツオカ麻布ショールーム」(東京都港区麻布台)に実車展示されています。どのようなクルマなのでしょうか。

小さな高級車! ミツオカ 新型「リューギ」
小さな高級車! ミツオカ 新型「リューギ」

 ミツオカは、中古車販売事業を皮切りに正規輸入車ディーラーの全国展開を行うほか、日本で10番目の自動車メーカーとして、個性的なオリジナルモデルを製造・販売しています。

 そんなラインナップのひとつが、2014年に登場したリューギです。

 車名は「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」を表す「流儀」に由来し、スタイリングを全面的に変更することでクラシカルな雰囲気を生み出しました。

 特に大型の縦型ラジエターグリルと丸型のヘッドライト、メッキ加工を施した厚みのある前後バンパーなど、コンパクトなサイズながら堂々とした存在感を特徴としています。

 ボディサイズは、全長4510mm×全幅1695mm×全高1460mm(2WDモデル)と、5ナンバー枠に収まるコンパクトさ。

 ベースモデルはトヨタの4ドアセダン「カローラ アクシオ」で、先進運転支援機能やハイブリッド車も選択できるなど、最新の装備や機能も兼ね備えているのも魅力といえます。

 こうした高級感や個性の強さ、そして手作りによる少量生産という希少性も相まって、長く支持を集めるモデルとなっています。

 またステーションワゴンモデルのリューギ ワゴン EXも2016年1月よりラインナップされ、こちらは「カローラ フィールダー」がベース車となっています。

 今回の一部改良では、5速MT車を除く全車に「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」を標準装備とし、5 速MT車に「バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー」を標準装備するなど、機能の拡大を図っています。

 新型リューギの販売価格(消費税込み)は、1.5リッターガソリンモデル「15EX」が307万4500円(2WD・5速MT)から342万4300円(4WD・CVT)、ハイブリッドモデル「HYBRID EX」(2WD・電気式無段変速機)が385万5500円。

 新型リューギ ワゴンの販売価格(消費税込み)は、1.5リッターガソリンモデル「15EX」が330万8800円(2WD・5速MT)から380万1600円(4WD・CVT)、ハイブリッドモデル「HYBRID EX」(2WD・電気式無段変速機)が413万4900円です。

※ ※ ※

 なおミツオカ麻布ショールームでは2024年6月中旬現在、新型リューギ EXのほかに、コンパクトカー「ビュート ストーリー」と、ミドルクラスSUV「バディ」が展示されています。

【画像】めちゃカッコいい! 新型「小さな“高級セダン”」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー