ホンダ「次期型オデッセイ」どうなる!? “大胆”刷新で近未来デザインに? 「高級ミニバン」次なる進化とは

日本市場に復活したホンダの高級ミニバン「オデッセイ」ですが、従来より販売されている5代目モデルの改良版です。そこで次に期待される“6代目”新型オデッセイについて徹底予想しました。

「オデッセイ復活」の裏で「次期型」の計画は動いているのか!?

 2023年12月、およそ1年ぶりに日本市場に復活したホンダの高級ミニバン「オデッセイ」は、2021年末に一度販売終了した5代目オデッセイの一部改良版です。
 
 そもそも5代目が登場したのは10年前の2013年であり、買うならいっそ「新型が良い」と考えている人も少なくないでしょう。では次期“6代目”オデッセイが登場するならどのようなモデルとなるのか、予想をしてみました。

次期「オデッセイ」はどのようなクルマに「進化」するのか!?[画像はホンダのコンセプトカー「SPACE-HUB(スペースハブ)」のイメージスケッチ]
次期「オデッセイ」はどのようなクルマに「進化」するのか!?[画像はホンダのコンセプトカー「SPACE-HUB(スペースハブ)」のイメージスケッチ]

 通算5代目となる現行型オデッセイは、歴代モデルの特徴でもある低く構えたスタイリングやスポーティな走りに、ミニバンの実用性も備え、さらに高級感も大幅に高められた多人数乗りの3列シートミニバンです。

 全高を抑え重心が低いことが功を奏し、現在販売されるミニバンのなかでも運転がしやすいのが最大の特徴といえます。

 走行感覚も心地良く、なかでも2リッター直列4気筒のガソリンエンジンに2モーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV(イーエイチイーブイ)」が素晴らしい出来栄えです。

 車内へ入り込んでくるノイズも非常に少なく、極めて静かな空間となる点も含め、滑らかかつ過不足ない動力性能のパワートレインが生み出す走りの性能は、ホンダのミニバン技術の集大成だと感じます。

 しかしながら、販売台数に関してはトヨタの高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」の爆売れぶりには及ばず、どうしても存在感が霞んでしまいがちです。

 では次期6代目オデッセイは、どのような方向へ進むのが良いのでしょうか。

 アルファード/ヴェルファイアと真っ向勝負するならば、同サイズの体躯にまで大型化する必要がありますが、これまで、頑なに歴代の低床・低全高コンセプトを貫いてきたオデッセイが、路線を変更してくることは考えにくいところ。

 おそらく次期オデッセイでも、走りの良さをうたうミニバンのキャラクターを極める方向へと進んでくるのではないでしょうか。

 ただしそうした走り重視のコンセプトを維持する一方で、これまでにないほどデザインが魅力的であるなど、抜本的な改革も必要です。

 それはレベル3に近い自動運転機能の充実や、使い勝手の大幅な進化、手ごろな車両価格など、既存のユーザーも買い替えたくなるほどの衝動となり得る、プラスアルファの「何か」が欲しいところです。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ「次期オデッセイ!?」画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー