マツダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 全長5m級ボディで“後輪駆動”! 豪華内装もイイ「EZ-6」日本導入は? 中国で発表

マツダが2024年4月25日に「北京モーターショー2024」において、新型「MAZDA EZ-6」を世界初公開しました。同モデルどのようなクルマで、日本導入はあるのでしょうか。考察します。

新型「MAZDA EZ-6」世界初公開…日本導入は?

 マツダが2024年4月25日に「北京モーターショー2024」において、新型モデルを発表しました。それが新型「MAZDA EZ-6」です。
 
 中国の長安マツダと現地の長安汽車によって共同開発された新型電動車の第1弾モデルであり、2024年に中国での発売が予告されています。

めちゃ楽しそう! マツダ新型「MAZDA EZ-6」
めちゃ楽しそう! マツダ新型「MAZDA EZ-6」

 ちなみに、同時に第2段モデルとして2025年の量産化を予定する「MAZDA 奏ARATA」コンセプトも発表されました。こちらはクロスオーバーSUVとなります。

新型MAZDA EZ-6は、「6」の数字があることから、ミッドサイズセダンである「マツダ6」と同じポジションとなるようです。

 実際に北京モーターショーにおいて、マツダの社長である毛籠氏は中国でのヒットモデルとなった初代マツダ6を引き合いに出して、新型モデルを紹介していました。

「中国におけるマツダのブランドの構築については、やはり初代マツダ6、通称“マーキュリー(馬六)”の果たした役割は大変に大きかったと思います。

 この新型モデルはMAZDA EZ-6です。赤いマーキュリーが与えたインパクトを持つようなクルマを、電動化の時代に再び提案したい」と説明していました。

 初代のマツダ6と同じように、新しいMAZDA EZ-6がヒットしてほしいというわけです。

 では、具体的には新型MAZDA EZ-6は、どのようなクルマなのでしょうか。マツダが説明した情報をまとめると以下のようになります。

 寸法は、全長4921mm×全幅1890 mm×全高1485 mm。現行マツダ6よりも若干大きいサイズ感になります。

 魂動デザイン特有の生命感とエレガンスと持ちつつ、「オーセンティックモダン」をデザインテーマに、シンプルな伸びやかなクーペフォルムを採用。電動化時代に相応しいモダンさを実現しています。

 タイヤサイズは245/45R19と発表されています。

 パワートレインはBEV(バッテリーEV:電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)のふたつで、駆動は後輪駆動。航続距離はBEVで約600km、PHEVで1000km以上を想定しています。

 前後重量配分はBEVで50:50。フロントサスペンションがストラットで、リアがマルチリンク。リアスポイラーは電動でダウンフォースを変化させることが可能。マツダらしい、人馬一体を感じさせるダイナミック性能を実現するといいます。

 また、先進運転支援機能や、車外から音声操作するパーキング機能、音声/タッチ/ジェスチャーでの操作可能なスマートキャビンの採用など、最新技術も数多く搭載します。

端的に言えば、流麗なクーペスタイルの後輪駆動のセダン。マツダらしい美しいデザインと、人馬一体の走りを備えている電動車というわけです。

 個人的には、”後輪駆動である”ということが嬉しいポイントです。やはり、アッパーミドルセダンは、FFではなく、後輪駆動の方が走りは楽しいし、大パワーにも対応でき、そして、なによりも車格感が高まります。

 マツダの毛籠社長が初代マツダ6と同様のヒットを期待するのも理解できる内容ではないでしょうか。

 では、そんな新型MAZDA EZ-6が日本に導入されるのでしょうか。

 まず、可能性として挙げられるのが、現行マツダ6の後継車としての日本導入です。電動化時代を迎えて、エンジン車の現行からBEVとPHEVの新世代へのバトンタッチと言う筋書きです。

 マツダの中期経営計画では「2025~2027年は電動化へのトランジション」という移行期間としており、後半にBEV専用車の先行導入を予告しています。この先行導入するBEVが新型MAZDA EZ-6になるのではないかという予測です。

 ちなみに、日本において、マツダ6の属するミッドサイズセダン市場は、今、非常にニッチなものとなっています。あんまり数多く売れるジャンルではありません。

 それを加味して、「現状では数多く売れそうにないBEVを導入するなら、最初はニッチなところがいいのでは」という判断もありえます。そういう意味では、マツダのマツダ6の後継として新型MAZDA EZ-6の可能性はありえるのではいでしょうか。

 一方で、「中国向けの製品を日本に入れるのはない」という予測もあります。これまでマツダは中国市場向けにSUVクーペの「CX-4」を投入していますが、その「CX-4」が日本にやってくる気配は一切ありませんでした。

 また、トヨタやホンダも中国向けのBEVを数多く発売していますが、それを日本に持ってくることはありませんでした。

 ですから、トヨタもホンダもやっていないことを、マツダがやるわけがないという考えです。普通に考えれば、こちらの予想の方が当たりそうな気配がします。

 とはいえ、個人的には新型MAZDA EZ-6のスタイルは、なかなか格好良いと思えます。後輪駆動で走りが楽しければ、欲しいという人も一定数いるのではないでしょうか。

マツダ・MAZDA6セダン のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「”スポーティ”セダン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー