まさかの新型「クラウン“エステート”」!? 新「セダン」をステーションワゴン化! 違和感なしの「クラウン“ツーリング”」CGがスゴイ!

2022年7月、トヨタが発表した16代目「クラウン」は、4つのボディタイプが用意されました。その中で“エステート”がSUV化された事に対し違和感を持つ人は少なくないようで、新型を「ステーションワゴン」化したイメージCGが話題となっています。どのようなデザインに仕上がっているのでしょうか。

「エステート」といえばやっぱ「ステーションワゴン」でしょ!

 これまでの概念を破って2022年に生まれたトヨタの新生「クラウン」シリーズ。4つのボディのうち、ラージSUV型の「エステート(新型クラウン エステート)」はまだ発売が始まっていません。
 
 しかし新型の正式発売を前に、従来のようにセダンベースで構築した「クラウン ツーリング」のレンダリング(イメージCG)画像が公開され、話題を呼びました。

めちゃカッコいい! トヨタ“新型”「クラウン ツーリング」のレンダリング[イメージCG:Theo throttle]
めちゃカッコいい! トヨタ“新型”「クラウン ツーリング」のレンダリング[イメージCG:Theo throttle]

「後輪駆動のセダン」という初代以来の伝統から一変し、2022年7月にFFベースのクロスオーバーSUVとセダンのハイブリッド的なキャラクターで出現した現行型・16代目クラウン(クラウン クロスオーバー)。

 さらに発表時には、マッチョなボディが特徴のクロスオーバーSUV「クラウン スポーツ(以下、スポーツ)」、伸びやかなボディを持ち、既存のクラウンセダンの系譜を残す「クラウン セダン(以下、セダン)」、そしてこちらもクロスオーバーSUVながらも、ステーションワゴンかつラージサイズSUVとされた「クラウン エステート」の3車種も同時にワールドプレミアが行われました。

 15代目までのクラウンはおおむね国内専売モデルでしたが、この代からは世界でも販売されることになったのです。

 その後、スポーツ、セダンが相次いで2023年11月頃から発売をスタート。残る新型クラウン エステートも、2024年半ば頃には発売されると発表されています。

 ところで“エステート”とは、ステーションワゴンと同義語です。

 歴代クラウンの多くには、ステーションワゴンが設定されてきた歴史があります。そのほとんどが、セダンをベースに、リアドアから後部を箱型にして、積載性をアップしていました。

 世代によっては、商用バンと車体を共用していた時代もありました。

 現在のところ「最後に発売された」クラウンのステーションワゴンは、11代目クラウンに用意された「クラウンエステート」で、1999年から2007年までカタログに掲載されていました。

 しかし、16代目クラウンリリーズのクラウンエステートは大径タイヤ、黒いオーバーフェンダーやアンダーカバー、高めの最低地上高によって、完全なSUVスタイルとなっています。

 これは筆者(自動車ライター 遠藤イヅル)の所感ではありますが、従来のクラウンステーションワゴン/エステートが持っていた優雅なワゴンのイメージは薄く、一抹の寂しささえ感じられます。

 それと同じことを、クルマのバーチャルチューナーである「Theo throttle」氏は考えたのかもしれません。

 というのも、彼はこれまでのクラウンステーションワゴン/エステートの伝統に従い、16代目クラウンセダンをベースとした、空想上の“新型”「クラウン エステート」(Theo throttle氏は“クラウン ツーリング”と表記)をレンダリングで生み出したのです。

 16代目のクラウンセダンは、新生クラウンファミリー共通の細い目をしたフロントマスクと、全長5m超のサイズがもたらす伸びやかなフォルム、シャープな全体の造形、そして横一文字のテールライトが特徴です。

 Theo throttle氏が描いたCGのクラウン ツーリングは、その基本スタイルをトレースしつつ、クーペ的なフォルムを持つ新型クラウンセダンのなだらかなルーフエンドをボックス形状に修正。

 その一方でテールゲートには強めの傾斜を設け、スタイリッシュなサイドビューを作り上げています。

 CGの完成度は極めて高く、「今度のクラウンエステートはこれになります」と言われても信じてしまうレベル。

 セダン派生で生まれた後輪駆動のステーションワゴン、という伝統も守られています。

※ ※ ※

 かつて隆盛したステーションワゴンも、国産メーカーではすっかり姿を消してしまいました。

 しかし海外では、SUV勢に押されつつも、BMWやメルセデス・ベンツ、アウディ、そしてフォルクスワーゲンなどが、セダンやハッチバックをベースに、「非クロスオーバーSUV」のステーションワゴンを作り続けています。

 世界規模で展開される新型クラウンだけに、Theo throttle氏が描いた、このクラウン ツーリングが販売されたら、日本を含め市場に需要があったかもしれない…などと考えてしまいました。「これなら欲しい」と思った人もきっと多いことでしょう。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「新型クラウンエステート」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 「かつて隆盛したステーションワゴンも、国産メーカーではすっかり姿を消してしまいました。しかし海外では、SUV勢に押されつつも、BMWやメルセデス・ベンツ、アウディ、そしてフォルクスワーゲンなどが、セダンやハッチバックをベースに、「非クロスオーバーSUV」のステーションワゴンを作り続けています。」

    余計なこと書くな!SUV依存メディア「くるまのニュース」は!

  2. また メーカーから流出してしまッたレンダリングでも無い 個人的創作物をネタにしてる、ちゃンと使用料払ッてンだろーな?少なくとも許可くらい取ッてるよね?。

  3. いやカッコ良すぎる‼️販売したら爆売れ間違い無し👍出たらうちのカローラツーリングと並べたいです👍

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー