トヨタが新たな「新型3列SUV」を生産!? 異なる2車種が26年登場か 米国BEVに14億ドル投資

トヨタは、米国における生産事業体であるToyota Motor Manufacturing, Indiana, Inc.に14億ドルを投資し、2026年から電気自動車の新型3列シートSUVを生産することを決定しました。新規雇用は最大340人となる予定です。

トヨタ、米国でのBEV新型車生産に14億ドルを投資

 トヨタは、米国における生産事業体であるToyota Motor Manufacturing, Indiana, Inc.(以下、TMMI)に14億ドルを投資し、2026年から電気自動車(以下、BEV)の新型車となる3列シートSUVを生産することを決定しました。

2026年に登場する新型3列SUVとは? 斬新デザインの「FT-3e」なのか
2026年に登場する新型3列SUVとは? 斬新デザインの「FT-3e」なのか

 2023年6月に米国のToyota Motor Manufacturing Kentucky, Inc.(以下、TMMK)においてもBEV(3列シートSUV)の生産を開始すると発表しています。

 具体的には、米国初のBEV生産工場として2025年からTMMKで、BEVの新型車となる3列シートSUVを生産開始することを決定。

 トヨタが米国でBEVを生産するのは初めとなり同車両には、Toyota Battery Manufacturing, North Carolina(以下、TBMNC)で生産する電池を搭載する予定です。

 また電池工場への追加投資 トヨタの北米統括会社であるToyota Motor North America, Inc.(以下、TMNA)と豊田通商は、今後の電池の需要増を見据え、将来の拡張に備えた土台づくりとして、現在建設中のTBMNCに、21億ドルを追加投資し、インフラ整備を進めています。

 そして新たに、米国においてBEVを生産する2工場目の発表となり、2023年発表のTMMKと今回のTMMIで生産するBEVは異なるモデルです。

 なおこの投資には、BEV新型車に搭載する電池のパック工程新設が含まれます。

 TBMNCで生産した電池を、TMMIで電池パックにしてBEVに搭載する予定です。

 トヨタは、今後も各地域のユーザーニーズに合わせ、BEVやハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)をはじめ、マルチパスウェイを軸に多様な選択肢で、CO2の着実な削減に取り組んでいくとしています。

【画像】めちゃカッコイイ! 新型「斬新SUV」の画像を見る(52枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー