ホンダが新型「軽バン」今秋発売! 斬新「前後2人乗り」&カラーに注目!? 注目度高い「N-VAN」どんな人が買う?

ホンダは2024年の春頃より「N-VAN e:」の発売を開始する予定でしたが、2024年の秋頃に販売開始時期が延期されることとなりました。軽商用バンのEVとして多くの注目を集めていますが、それぞれのグレードに対してどのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

発売延期となってしまったN-VAN e:のタンデム仕様とは?更に新カラーも登場!

 ホンダは2024年の春頃より「N-VAN e:」の発売を開始する予定でした。
 
 しかし、同年4月に発売時期を今秋に延期することを発表しています。
 
 なかでも話題となっている前後2人乗りとなるタンデム仕様には、どのような反響があるのでしょうか。

注目度高いホンダ「N-VAN e:」
注目度高いホンダ「N-VAN e:」

 ホンダから2011年に初代「N-BOX」が誕生しています。

 その後、N-BOXを始めとして様々なNシリーズが登場し、第5弾として軽商用バンの「N-VAN」が2018年に登場することとなりました。

 そのN-VANをベースとしたEVが「N-VAN e:」です。

 ホンダはカーボンニュートラルに向けて様々な開発を行っており、EVを普及させるために、まずはニーズが高い軽商用バンの開発を進めているようです。

 N-VAN e:は軽商用バンでありながら、EVであるため静音性が高く、早朝や深夜帯に配達業を行う業界やユーザーから需要が予想されます。

 また、N-VANと同様のセンターピラーがない構造や低床設計が採用されており、積載時の快適度や広い室内空間などは従来のN-VANの良さが引き継がれています。

 N-VAN e:には3つのグレードがあり、スタンダードモデルの「e:L4」、前後2列のタンデム仕様である「e:L2」3つのグレードの中で最上級グレードが「e:FUN」がラインナップされます。

 そして、N-VAN e:には新しいボディカラーも追加されました。

 追加されたボディカラーはいずれも2トーンカラーで、オータムイエロー・パール&ブラック、ボタニカルグリーン・パール&ブラック、ソニックグレー・パール&ブラックの3種類の2トーンカラーが設定されています。

 なお、この3つのカラーの内、ソニックグレー・パール&ブラックは3つのグレードの内最上級のグレードである、e:FUNのみです。他の2トーン2種はe:FUN、e: L4どちらでも対応しており、e:L2のカラーはタフタホワイトIII、ルナシルバー・メタリックの2種のみとなっています。

【画像】「えっ…!」 これがホンダの「前後2人乗り」軽です(59枚)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー