ヒョンデの最新「ハイパフォーマンスモデル」6月5日発売! 見た目も中身もスゴい「IONIQ 5N」とは?

2022年に12年ぶりの日本再参入を行なったヒョンデ。2024年4月25日に新型「IONIQ 5N」を同年6月5日から発売すると発表しました。

これは新たな世界! ヒョンデ「IONIQ 5N」とは

 2024年4月25日にヒョンデは新型「IONIQ 5N」を同年6月5日から発売すると発表しました。
 
 なお先行して4月25日からファーストエディションの受付が開始しています。
 
 IONIQ 5Nとは、どのようなクルマなのでしょうか。

ついに日本上陸! ヒョンデ「IONIQ 5N」
ついに日本上陸! ヒョンデ「IONIQ 5N」

 2022年に12年ぶりに日本再参入を行なったヒョンデ。「BEV/FCEVのみ」、「オンライン販売のみ」と戦略の中、日本での累計販売台数は1000台弱。
 
 決して台数は多いとは言えませんが、現在はマーケットシェア拡大よりもブランド認知に重きを置いている状況と言えるでしょう。

 そんな中、新たな仲間が加わりました。それが今回紹介するIONIQ 5Nになります。

 ちなみに「N」とはヒョンデのスポーツブランドで、ネーミングは開発拠の韓国の「ナムヤン(韓国)」と開発テスト舞台「ニュルブルクリンク(ドイツ)」が由来です。

 モータースポーツで培った技術/経験をもとに量産車にフィードバックする姿勢やレーシングカーを頂点にムービングラボ(走れる実験車両)、N、Nライン、ノーマルと言ったピラミッドを設けている点などは、TOYOTA GAZOO Racingと非常によく似ている構成となります。

 2015年の発足以来、内燃機関のモデルで展開を行なってきましたが、IONIQ5Nは初の電気自動車ベースとなるNです。

 一番の特徴は「ハイパフォーマンスBEV」である事。NのトップであるJoon Park氏は「世の中にはハイパワーBEVはたくさんありますが、ハイパフォーマンスBEVはと言うとどうでしょうか。今回、我々はそこに挑戦を行ないました」と語っています。

 その実力は世界のカーアワード受賞が物語っていますが、日本の道ではどうでしょうか。

 今回は一般公道に加えとサーキット(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)での全開走行を行なってきたので、紹介します。

 エクステリアはベースとなるIONIQ5に加えて、専用デザインのバンパー(フロント/リア)、デュフューザー(リア)、サイドスカート、そして275/30R21サイズのピレリP-ZERO+専用鍛造アルミホイールなどをプラス。

 個人的には1980年代日本で流行った「ホットハッチ」に通じるデザインで、むしろノーマルよりも万人受けしそうな整った造形に感じます。

 インテリアはブラックのモノトーンのコーディネイトに、専用のステアリングやスポーツシート、センターコンソール(ニーパッド付)などをプラス。

 専用デザインのメーター表示やモードセレクトスイッチなど、細部まで抜かりなしです。

ステアリングは戦闘機のような配置! オトコ心をくすぐる!
ステアリングは戦闘機のような配置! オトコ心をくすぐる!

 パワートレインは前後にモーターを搭載したツインモーターAWDで、フロントは95ps/255Nm→238ps/370Nm、リア210ps/350Nm→412ps/400Nmと大幅に出力アップ。

 一定時間のみ最大出力を40psアップさせるブーストモード(NGB:ステアリング右上のオレンジのスイッチ)も用意されています。

 バッテリーは第3世代から第4世代に進化したリチウムイオンで容量は84kWh。驚きはコンペティションユースも想定した冷却性能で、サーキットで連続走行を行なっても安定したバッテリー温度を保ち、出力ダウンも最小限だと自信を見せます。

 シャシ周りはIONIQ5がベースと言いつつもキモとなる部分、車体はスポット溶接+構造用接着剤+補剛パーツの追加で剛性アップ。

 専用サスペンションはセットアップ変更やローダウンに加えて、フロントはマクファーソン・デュアル(ノーマルはマクファーソン・シングル)を採用。EPSはギア比変更+出力増大。更に高性能ブレーキシステムや専用制御系など、変更内容は多岐に渡ります。

 特に制御系はてんこ盛りで、前後駆動配分を任意に設定可能な「Nトルクディストリビューション」、ドリフト走行をサポートする「Nドリフトオプティマイザー」、0-100km/h加速3.4秒を誰でも可能にする「Nローンチコントロール」、最大0.6Gの減速が可能な回生ブレーキ「Nブレーキリジェン」などを用意。

 更にBEVなのにICE車を運転しているかのような走行感覚(3つのサウンドを選択可能)を味わえる「Nアクティブサウンド+」、シフトチェンジをシミュレートした「N eシフト」など、クルマ好きを唸らすような演出もバッチリ。

【画像】めちゃめちゃスゴい! 「IONIQ 5N」の画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 海外でのレビュー動画は見かけたけど日本でも試乗できたのね、コレ。
    EVが普及する前に失速!
    とか巷では言われ始めてるが、お構いなしにここまで突き進むメーカーが隣国にあるとなると「エンスー系」も黙っていられない?
    なかなか悩ましいですね、買えんけど。

  2. ヒョンデは、爆発炎上と突然の暴走事故起こすから怖い。
    只でも絶対に乗りたくない車メーカーです。

  3. ハイパフォーマンスなのはわかりましたが、1回充電100キロ低速走行で航続距離は500KMくらいなのでしょうか。
    ここに書いてあるような走りの場合は、何回充電が必要になったのかが知りたいですね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー