高性能「巨大ベッド」搭載!? 日産「新型“車中泊”カー」寝心地はどう? 実際に「泊ってみた」印象とは

日産 新型「キャラバン MYROOM(マイルーム)」は、車中泊も可能な大型ベッドなどを搭載する新たなコンセプトのモデルです。「寝心地」をはじめとする、実際の使い勝手はどのようなものなのでしょうか。

乗り込んだ瞬間「非日常な空間」に!

 日産は2024年夏、ワンボックス型の商用バン「キャラバン」の新たなラインナップとして、車中泊も可能な大型ベッドやテーブルなどを搭載する「キャラバン MYROOM(マイルーム)」を発売する予定です。
 
 先行して2024年春に発売された特別仕様車「ローンチエディション」を使い、筆者(くるまのニュース編集部T)が実際に「泊まってみた印象」など、“マイルーム”の使い勝手について紹介します。

「クルマにいることを忘れそうになる」非日常な空間!
「クルマにいることを忘れそうになる」非日常な空間!

 キャラバンは、1973年に発売を開始したワンボックス型の商用車です。

 2012年登場の現行型で5代目。堂々としたスタイリングや、先進安全機能などを搭載したほか、従来以上に荷室の使い勝手に配慮し、ライバルのトヨタ「ハイエース」をしのぐクラスNo.1の広さを誇ります。

 当初は「NV350キャラバン」の車名に変更されていましたが、2021年に実施されたマイナーチェンジで再びキャラバンの車名に戻りました。

 デビューから50年以上の間、キャラバンは業務用途に加えアウトドアやレジャーシーンにおいても活躍し、幅広いユーザーから支持を集めていますが、近年は広い室内を活用し「車中泊」を楽しむユーザーも増えているといいます。

 こうした需要に応え、日産でも荷室スペースに左右跳ね上げ式のベッドシステムとフロアパネルを備えた車中泊モデル「キャラバン マルチベッド」を設定し、根強い支持を集めています。

 そして新たな車中泊のカタチを提案するべく、日産は2023年10月に新型「キャラバン MYROOM(マイルーム)」を発表しました。

 室内は2列シートレイアウトの5人乗り。前席はベースとなるキャラバン「GRAND プレミアムGX」と変わりませんが、その後ろの部分、通常なら後席と荷室となるエリアが全く様変わりしています。

 日産は新型キャラバン マイルームについて「これまでにない新たなカテゴリーのクルマ」だと説明します。

 外観は細部のカスタマイズこそ施されているものの、基本的にはベース車同様です。しかし新型キャラバン マイルームの見どころは、こだわり強めな内装の凝った仕立てにあります。

テーブルはスライドさせて移動可能で、走行中でも動かないよう固定できます
テーブルはスライドさせて移動可能で、走行中でも動かないよう固定できます

 広い荷室空間の「クルマの内装感」を徹底的に消すため、木目をふんだんに使用。まるで自分のお気に入りの部屋(マイルーム)ごと自然の中に持ち込み「リラックス(憩うこと)」ができるクルマを目指したといいます。

 実車の車内に入ってみるとその狙いを見事に達成していることがわかり、おおげさではなく「クルマにいることを忘れそうになる」非日常な空間です。

 なお先行発売された特別仕様車のローンチエディションは、新型キャラバン マイルームに装着できるメーカーオプションをあらかじめすべて装備した、いわば「全部ノセ」仕様となっています。

 どれも通常のクルマではあまり見ない装備ばかりで、車内カーテンやウッドブラインドをはじめ、AC 100V電源、スポット照明付きの木目調ルーフパネル、ロールスクリーン、ルーフサイド間接照明など、いずれも手の込んだ専用機能が標準で備わります。

 木目インテリアとの相性もバツグンで、さらに“クルマの内装感”を消し去ることに貢献していました。

【画像】めちゃカッコいい! ニッサン新型「豪華“車中泊”カー」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー