最大渋滞40km!? 東北道の「GW渋滞地獄」回避するコツは? 鬼門の「羽生PA」 実はけっこうある「意外と空いてる時間帯」は一体いつなのか

ゴールデンウイークは東北道で大渋滞が発生します。最大40kmにもおよぶ渋滞はいつ発生し、逆にいつ空いているのでしょうか。

東北道のGW渋滞 鬼門はやっぱり「あのPA」

 今年もやってきた大型連休「ゴールデンウイーク」。
 
 2024年のGWは「4月27日(土)から3連休、平日3日を挟んで、5月3日(金祝)から4連休」という形です。
 
 気になるのが高速道路の大渋滞です。その中でも、特にひどい渋滞が起きるのが、首都圏から宇都宮・那須・仙台方面へのルートとなる「東北道」です。
 
 NEXCO各社が渋滞予測を発表しています。東北道は、いつから渋滞が始まって、いつどこが渋滞がひどくなるのでしょうか。

渋滞する高速道路のイメージ
渋滞する高速道路のイメージ

 首都圏の東北道といえば、連休を問わず常に混雑している区間があります。埼玉県の岩槻IC・久喜IC・蓮田SA・羽生PAなどの各前後エリアです。特記が無い場合も、このあたりは朝夕ラッシュに何かしらの混雑が起きがちなので、常に注意しておきましょう。

【4月26日(金)】
 連休前の最後の平日。特段の渋滞は起きないと予測されています。

【4月27日(土)】
 連休1日目。下り(宇都宮方面)は、午前中に岩槻IC・久喜IC付近でそれぞれ最大10kmの渋滞が予測されています。

【4月28日(日)】
 連休2日目。下りは、羽生PA付近で8時~13時で最大10km程度です。

 いっぽう、上り(東京方面)では、夕方にひどい渋滞が起きる見込み。羽生PA付近で、17時~19時を中心に最大20km・40分の渋滞予測があります。

【4月29日(月祝)】
 連休3日目。「GW前半の3連休」の最終日で、Uターンラッシュが起きる見込みです。上り(東京方面)は羽生PA付近で、14時~20時を中心に最大25km・50分の渋滞予測があります。さらに蓮田SA付近でも、17時~22時で最大20km・40分の見込みです。

【画像】えっ…!? これが「東北道」の全日程の「GW渋滞パターン」です(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー