MTも選べる! 新型「コンパクト“セダン”」発表! 丸目レトロな“高級車フェイス”が超カッコイイ! ステーションワゴンもある「リューギ」どんな人が買うのか

2024年4月4日にミツオカ「リューギ EX」および「リューギワゴン EX」の改良が発表されました。新たなリューギは販売店でどういった反響があるのでしょうか。

超レトロな新「リューギ EX」「リューギワゴン EX」登場!

 光岡自動車(以下、ミツオカ)は2024年4月4日、セダンの「リューギ EX」およびワゴンの「リューギワゴン EX」をそれぞれ一部改良し、発売を開始しました。

 ではどういった部分に改良が施されたのでしょうか。またリューギは販売店ではどういった反響があるのでしょうか。

高級車顔がイイ! ミツオカ新型「リューギ」
高級車顔がイイ! ミツオカ新型「リューギ」

 リューギは2014年6月、リューギ ワゴンは 2016年1月に、ミディアムクラスのセダン/ワゴンとして誕生しました。

 なおベース車には、トヨタ「カローラ」の11代目モデルである「カローラアクシオ(セダン)」と「カローラフィールダー(ワゴン)」が用いられています。

 リューギシリーズは、クラシカルなスタイリングに気品あふれる高級感を併せ持ち、最新の性能と装備により安心して気軽に楽しむことができます。

 エクステリアは、縦型の大型ラジエターグリルに丸型ヘッドランプを配置。メッキ加工を施した前後のバンパー部に厚みを持たせ、存在感を強調しています。

 また、ラジエターグリル上面に貼付するエンブレムの素材には伝統工芸のひとつである「七宝焼き」を採用し、特別感を演出します。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンと1.5リッターハイブリッドを設定。ガソリン車のトランスミッションは、5速MTとCVTが選べます。駆動方式は2WDを基本とし、ガソリン車のCVTでは4WDも用意されます。

 今回の改良では、5速MT車を除く全車に「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」を標準装備。

 また、5速MT車には「バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー」を標準装備するなど、機能の拡大を図っています。

 価格(消費税込)は、リューギ EXが279万5000円から350万5000円、リューギワゴン EXが300万8000円から375万9000円です。

※ ※ ※

 ではリューギはどういったユーザーから支持を集めているのでしょうか。また、セダンとワゴンではどちらが人気なのでしょうか。

 これについてミツオカ販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「リューギは、コンパクトで使いやすい点やハイブリッドもラインナップしている点などが好評で幅広いお客さまからご支持いただいてますね。

 セダンとワゴンタイプの人気は、当店ではちょうど半分くらいに分かれています。

 セダンタイプを好まれる方はもちろん、ワゴンタイプでは荷物も結構たくさん詰めてお出かけにも活躍するので、どちらも人気です」

【画像】超カッコイイ! ”高級車顔”の新型「コンパクトセダン」を画像で見る(33枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー