マフラー5本出し!? 過激なトヨタ「GRカローラ」24年初夏に発売! エアロだけで163万円超のスゴすぎ仕様とは?

トムスはトヨタ「GRカローラ」用のスタイリングパーツを発売する予定です。「TOM’S GRカローラ Type TK」とはどのようなモデルなのでしょうか。

5本出しマフラーがイカツイ!

 トヨタ車・レクサス車のカスタムパーツを開発・販売するトムスは、2023年10月に開催された「ジャパンモビリティショー2023」や「SEMAショー2023」(米・ラスベガス)、2024年1月の「東京オートサロン2024」で「TOM’S GRカローラ Type TK」を公開。
 
 そして2024年3月9日・10日に行われた「GR Garage沖縄」のオープンイベントで実車をお披露目しました。

5本出しマフラーがスゴい「TOM’S GRカローラ Type TK」
5本出しマフラーがスゴい「TOM’S GRカローラ Type TK」

 2022年6月に発表されたGRカローラは、トヨタのハッチバック車「カローラスポーツ」のボディをベースとした「ホットハッチ」です。

 フロントフェンダー/リアフェンダーをともに片側約30mm拡幅することでワイドなスタンスとし、フロントバンパーにインテーク、フロントフェンダーとフードバルジにアウトレットを設け、迫力のある外観を有しています。

 また、カローラスポーツのロングホイールベースが生み出す高速走行での安定性を継承しながら、フロントは60mm、リアは85mmワイドトレッド化することによって高い旋回性能を実現しました。

 エンジンは「GRヤリス」にも搭載される1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンをさらに強化して搭載し、最高出力304馬力を達成。

 同じくGRヤリスに搭載されたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を最適化して搭載するなど、限界領域でも安心・安全にコントロールできるモデルとなっています。

 さらに、2023年8月に一部改良を発表。スーパー耐久シリーズをはじめとしたモータースポーツでの知見を活かし、運転操作に対するダイレクト感とスタビリティを向上させました。

 そんなハイパフォーマンスなGRカローラの5人乗り仕様である「RZ」グレードをベースに、トムスはTOM’S GRカローラ Type TKというスタイリングパーツセットを開発。

 ラリードライバーの勝田貴元選手がプロデュースしたスタイリングパーツで、「WRCマシンのスタイリングをGRカローラに重ね合わせたい」、「GRカローラがWRCマシンになったら」という勝田選手のイメージを具現化したといいます。

 外観は、まるでWRCマシンのような攻撃的なデザインとし、フロントバンパーの開口部を拡大して冷却効率を向上させたほか、大型カナードやサイドディフューザーを追加し、あらゆるシーンで安定した操縦性能を実現します。

 リアに5本出しマフラー「トムス・バレル」を装着。専用リアディフューザーとリアルーフウイングを装着することで、リアの迫力もアップしました。

 TOM’S GRカローラ Type TKについて、SNSではさまざまな投稿が見受けられ、「かっこよすぎ!」「こんなカッコいいカローラ初めて見た」「リアがカッコいい!」など、ワイド化やパーツ類の装着、5本出しマフラーによって過激なカスタマイズが施されたTOM’S GRカローラ Type TKのスタイリングが評価されています。

※ ※ ※

 TOM’S GRカローラ Type TKはスタイリングパーツ一式での販売となり、フロントバンパー、リアディフューザー、5本出しエキゾーストシステム「トムス・バレル」、サイドディフューザー、リアルーフウイングの5点が含まれます(車両本体は含まれず)。

 販売予定価格(消費税込)は163万5700円で、2024年夏に発売される予定です。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これが「スゴいGRカローラ」です!画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー