トヨタの「爆速ホットハッチ」実車展示! マフラーが「5本出し」!? 1.6リッターで300馬力超えの「超凄いGRカローラ」に反響集まる!

2024年3月1日、トヨタ車・レクサス車のカスタムパーツなどを手掛けるトムスは、「GR Garage沖縄」のオープンイベントを3月9日と10日に行うと発表。同イベントで、「TOM’S GRカローラ TYPE TK」を展示するといいますが、どのようなモデルなのでしょうか。

えっ…! まさかの「5本出しマフラー」!?

 トヨタ車・レクサス車のカスタムパーツなどを手掛けるトムスは2024年3月10日、沖縄県内初出店となった「GR Garage沖縄」のオープンイベントにおいて「トムス GRカローラ TYPE TK」を実車展示しました。
 
 迫力満点なカスタムモデルに対し、多くの反響が寄せられています。

まさかの「5本出し」にビックリ!「トムス GRカローラ Type TK」[画像は「東京オートサロン2024」出展時の模様]
まさかの「5本出し」にビックリ!「トムス GRカローラ Type TK」[画像は「東京オートサロン2024」出展時の模様]

 1966年にデビューしたカローラシリーズは、2021年に世界累計販売5000万台を達成するなど、トヨタを代表する大衆車ブランドとして歴史を重ね、現行モデルで12代目です。

 2018年にまず5ドアハッチバックモデルの「カローラスポーツ」が先行デビュー。その後2019年に4ドアセダンモデル「カローラ」とステーションワゴンモデル「カローラツーリング」が追加されました。

 さらに、2020年にはクロスオーバーSUVの「カローラクロス」を新設定。日本では2021年に発売を開始し好評を博しています。

 そして2022年に世界初公開されたのが、4WDスポーツモデルの「GRカローラ」です。

 カローラスポーツをベースに、ワイドボディ・ワイドトレッド化を図り、最高出力304馬力・最大トルク370Nmを発揮する高性能な1.6リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載しています。

 駆動方式は、前後駆動力可変システムを備えたスポーツ4WD「GR-FOUR」です。

 そんなGRカローラをベースに、TOYOTA GAZOO Racing ワールドラリーチームのドライバーを務め、FIA世界ラリー選手権(WRC)で活躍する勝田 貴元選手がプロデュースしたカスタマイズモデルが、トムス GRカローラ TYPE TKです。

 WRCマシンをモチーフとしたというアグレッシブなデザインで、GRカローラよりも開口部を拡大させたフロントバンパーは冷却効率を向上するほか、大型カナードとサイドディフューザーを追加したことで、路面状況にとらわれない安定した操縦性が追求されています。

 またリアには「トムスバレル」と呼ばれる5本出しエキゾーストシステムと専用リアディフューザーを装備。さらにリアルーフウイングも装着され、ベース車以上に迫力を増しています。

 そんな迫力のカスタマイズを施したトムス GRカローラ TYPE TKに対し、SNSなどでは様々な声が集まっていました。

 多かったのは「スゴイ!」「ワイド感がカッコいい」といった、デザインの格好良さに対するコメントでした。

 また「5本出しマフラー!?」「マフラーの迫力がエグい」「5本出しとかマジか」と、リアで圧倒的な存在感を示すマフラーについての意見が多く見られました。

※ ※ ※

 なおフロントバンパー、リアディフューザー (トムスバレル専用)、5本出しエクゾーストシステム「トムスバレル」、サイドディフューザー、リアルーフウイングは市販化を予定し、現在予約受付が行われています。

 これらをセットにした「スタイリングパーツセット」の製品予定価格は163万5700円です。

 GR Garage沖縄のオープニングイベントでは、これらが会場限定価格で販売されました。

【画像】めちゃカッコいい! トムス「“爆速”カローラ」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー