トヨタ新型「商用セダン&ワゴン」発表! 安心と安定感に反響多数!? 5速MTも健在「カローラアクシオ/フィールダー」は「日本人の心」?

トヨタが「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」を一部改良しました。安定の進化に、いろいろな反響が集まっています。

MT車がまだ健在の商用車

 トヨタは2024年3月1日に、コンパクトセダン「カローラアクシオ」とステーションワゴン「カローラフィールダー」の一部改良を実施すると発表しました。
 
 発表後、さっそくネット上を中心に反響が集まっています。

トヨタ「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」が一部改良
トヨタ「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」が一部改良

 トヨタの看板シリーズである「カローラ」。1966年発売の初代以降、33年間も年間販売台数首位を守り、2021年にはグローバル累計販売5000万台を突破しています。

 2024年現在、12代目となったカローラシリーズは世界中でグローバル販売されています。

 そのなかで、11代目カローラとなるセダンの「カローラアクシオ」とワゴンの「カローラフィールダー」は、主にビジネスユーザー向けに展開され、継続販売されています。

パワートレインのラインナップは、1.5リッターガソリンエンジンと、1.5リッターハイブリッド(HEV)の2タイプ。

ガソリン車はCVTに加え、近年では希少となった5速MTが用意されていましたが、今回の改良でも継続販売されます。

 駆動方式は前輪駆動(FF)のほか、ガソリン車のみ四輪駆動(4WD)が設定されます。

 ボディサイズは、全長4400mm×全幅1695mm、ホイールベースは2600mm。アクシオは全高1460~1485mm、フィールダーは全高1475~1500mmです。

 さて、今回の一部改良モデルを見てみましょう。

 HEV車とガソリン車(CVT)では、ICS(インテリジェントクリアランスソナー)が標準化されました。

 うっかりアクセルを踏み間違えたり踏みすぎたりした際、前方の障害物を検知して出力を抑制し、衝撃被害軽減ブレーキが作動するパーキングサポートブレーキが搭載されます。

 ガソリン車(MT車)には、バックモニターが標準で新設されました。

 車体色は、スーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラックマイカ、アバンギャルドブロンズメタリック(アクシオ)、ダークブルーマイカメタリック(フィールダー)を設定。

 販売価格(消費税込)は、カローラアクシオが163万9600円~220万5600円、カローラフィールダーは178万6400円~235万9000円です。

 ネット上では、このクルマに安定感と安心感を持っていて、法改正へのアップデートなどでまだまだラインナップされることへの安堵感がにじみ出るようなコメントが多く見られます。

 たとえば「会社の社用車で乗っていますが、もうこれでいいじゃんってなります。文句の付け所がありません」「日本人の心ですね。MTがあるのも素晴らしい」「カローラ―フィールダーは4輪独立懸架だから乗り心地に期待大」「ロングセラーだよね 使い勝手いいサイズだし フィールダー、出た当初欲しかったんだけど、嫁の商用車ぽいのは嫌、の一言で無くなりました…」など。

 またカローラは長年にわたり大衆車として広く利用されていることもあり、この車種への思い出もひとしおなのか、「昭和58年に免許を取って初めての自分のクルマが70系のスプリンターセダン(編集部注記:かつてのカローラ兄弟車)だった。4K-U型の1.3リッターで4速MTだった。あの頃はGTなんてとても手が届かなくて、ツインカムも5速ギヤボックスもウレタンバンパーも遠かった。人生一回りで最後はまたカローラアクシオのセダンのMTもいいかなと思ったりしています」

「新人営業マンだった30年前の90年代半ば 愛車は4ナンバーの90カローラバンでしたね・・・」などのコメントもありました。

トヨタ・カローラアクシオ のカタログ情報を見る

トヨタ・カローラフィールダー のカタログ情報を見る

【画像】えっ…!? これが新型「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」です。画像を見る(27枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー