トヨタ「商用セダン」に“上質赤内装”仕様!? 初代イメージの「旧車デザイン」採用! ミスマッチ感もカッコイイ「カローラアクシオ 50 L」とは

トヨタは2016年に「カローラアクシオ」に“特別なカスタム”を施した「HYBRID G“50 Limited(ゴーマル リミテッド)」と言うモデルを誕生させていました。どのようなモデルなのでしょうか。

カローラアクシオに赤内装仕様があった!?

 トヨタは2016年に「カローラアクシオ」の特別仕様車を発売していました。その特別仕様車は、カローラの生誕50周年を記念したHYBRID G“50 Limited(ゴーマル リミテッド)、500台限定で発売されたモデルです。

トヨタ「カローラアクシオ」にこんな仕様あったの!?
トヨタ「カローラアクシオ」にこんな仕様あったの!?

 カローラアクシオは、カローラシリーズのコンパクトセダン。日本の道路事情にあった、運転しやすいコンパクトな5ナンバーサイズです。

 新型が出た今でも、小型車のニーズに答えるために継続販売されています。コンパクトなボディですが、室内空間が狭いかというとそうでもありません。

 実際に乗ったユーザーからは「ボディは小さいが室内は広い」や「仕事で乗っていたが、荷物も詰めるしリアシートも乗車可能で便利だった」と高評価です。

 ボディサイズは、全長4400mm×全幅1695mm×全高1460mmで、ホイールベースは2600mmです。

 そんなカローラアクシオに生誕50年を記念し設定されたのが、特別仕様車HYBRID G“50 Limited(ゴーマル リミテッド)。

 HYBRID Gをベースに、初代カローラの特徴である赤の内装と花冠のエンブレムを復刻することで50年の歴史を再現したクルマです。

 目を引く「赤」のスポーツシートは、トヨタのデザイン部で保管されてきた初代カローラのカラーサンプルをもとに往年の「赤」を忠実に再現し、シートをはじめとする内装に採用するとともに、ブラックと組み合わせて配置することでモダンでありながらスポーティな室内空間を創出しています。

 また、花冠エンブレムはシートの背もたれやリヤの車名エンブレム下に配置しており、特別感を演出します。

 さらに、フロントロアグリルをドットパターンとし、Bi-Beam LEDヘッドランプを特別装備したほかタイヤサイズを185/55R16に、アルミホイールを採用し、スタイリッシュなイメージを付与しています。

 外板色は、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカの2色を設定。2016年当時、500台限定で発売されました。

トヨタ・カローラアクシオ のカタログ情報を見る

【画像】えっ…!? これが”赤内装”の「カローラアクシオ」です!画像で見る(37枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. カローラフィールダーベースのバンが欲しいなw
    ダイハツ製プロボックス亡き現在、カローラバン復活が望ましい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー