大宮から夢の「東北道直結」!? 埼玉新都心線の東部延伸区間 いよいよ「概略ルート案」検討へ 大渋滞「さいたま春日部線」に南側バイパスで混雑緩和「核都市広域幹線道路」

大宮から東へ伸びる首都高「埼玉新都心線」が、さらに延伸して東北道へ直結する予定です。「核都市広域幹線道路」と名付けられたこの計画、どうなっていくのでしょうか。

埼玉新都心線が東北道へ直結

 国土交通省 関東地方整備局は2024年3月7日、埼玉県内で検討されている新たな高規格道路「核都市広域幹線道路」の実現のため、地元検討会を開催しました。
 
 この道路が完成すれば、どう便利になるのでしょうか。また事業スタートに向けて、話はどこまで進んでいるのでしょうか。

大宮から東へ伸びる埼玉新都心線(画像:写真AC)。
大宮から東へ伸びる埼玉新都心線(画像:写真AC)。

「核都市広域幹線道路」というのは首都圏における、国のざっくりとした道路ネットワーク構想です。

 コンセプトとしては「外環道と圏央道の中間部でぐるっと周る環状道路」という漠然としたもので、神奈川・東京・埼玉・千葉の「業務核都市」を結ぶというもの。

 特に具体的なルート帯は決まっていません。どちらかと言えば、全体ルートを先に決めるのではなく、エリアごとのバイパス計画を「これは核都市広域幹線道路の一環として、重要な意味を持つ」と位置付けるための存在と言えるでしょう。

 すでに開通済みの高速道路で、「核都市広域幹線道路に含まれる路線」がふたつあります。

 まずは横浜の東西軸を担う首都高の「生麦JCT~横浜港北JCT~横浜青葉IC」、つまり横浜北線・横浜北西線です。ふたつめは、さいたま市の東西軸を担う「与野IC~さいたま見沼IC」、つまり埼玉新都心線です。

 さて今回検討されているのは、埼玉新都心線が「さいたま見沼IC」からさらに東へ延伸し、東北道の岩槻IC~浦和ICの中間あたりで接続するという道路です。

 東北道はさいたま市にとって、東側へ外れたルートを走ります。岩槻ICも浦和ICも中心街から遠く、数少ないアクセス道路も国道463号や越谷浦和バイパス、県道2号さいたま春日部線くらいで、交通集中が激しく渋滞が深刻となっています。

 そこに「東西道路空白地帯」である見沼エリアを抜けるのが、核都市広域幹線道路です。完成すれば首都高と東北道という2本の南北軸間を直結する高速道路となります。

 検討が本格的に始まったのは2021年12月。そこから計画段階評価の第1プロセスとして、2023年に沿線ヒアリングが行われました。

 その結果が今回まとめられました。概要としてはまず、この道路の「必要性を感じる」の回答率は、約4700人のうち約9割にのぼっていたといいます。

 また現状の課題は、渋滞に関するもの、路地への抜け道流入が多いことを課題とする人が多く、オープンハウスでの「核都市~」への要望は、比率順に「利便性の向上(23%)」「渋滞の緩和(16%)」「早期実現(15%)」となっています。

 今後のプロセスですが、次はいよいよ「概略ルート案」を3つほどに絞る段階となります。その次は概略ルートが1つに決まり、それをもとに「環境アセスメント」「都市計画決定」の手続きが完了すれば、いよいよ事業化を待つ状態となります。

 次に決まる「概略ルート案」では、「だいたいこのあたりを通る」というルート帯と、「地上道路か高架道路か」といった主たる構造を組み合わせて、複数案が提示されることとなります。

 ルート候補地には、首都近郊では有数の規模を持つ水田地帯「見沼たんぼ」が広がっています。今回の取りまとめではこれを念頭に、今後の検討課題について「沿線地域の農業の営みを育むとともに、歴史的な遺産や自然環境、風致的に維持すべき景観に配慮する」としています。

【画像】超便利!? 夢の環状高速「核都市広域幹線」ルートと整備状況を見る(地図)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー