“120万円”値上げ!? 日産新型「アリア」発売! 待つこと3年弱で全グレード発売!? 大幅価格改定の理由は?

日産は2024年3月8日に新型「アリアNISMO」を正式発表するとともに標準仕様となる「アリア」の新グレードの追加を発表しました。

ついに日産「アリア」 全グレード発売! エントリーグレードは約120万円の値上げ、なぜ?

 2024年3月8日に日産は新型「アリアNISMO」を正式発表しました。
 
 さらに標準仕様となる「アリア」の新グレードの追加ならび価格の発表も行いました。

SUVタイプの新型EV「アリア」
SUVタイプの新型EV「アリア」

 アリアNISMOは2024年1月に開催された「東京オートサロン2024」にてお披露目されました。

 アリア(e-4ORCE)をベースにNISMO専用の加速チューニングを施し動力性能をさら
に引き上げたEV NISMO のフラグシップモデルです。

 アリアNISMOのグレードと価格は「NISMO B6 e-4ORCE(66kWh)」が842万9300円。「NISMO B9 e-4ORCE(91kWh)」が944万1300円となっており、発売は2024年6月が予定されています。

 一方で同時に標準仕様のアリアにも動きがありました。

 2021年6月の日本発表時には「B6 2WD」「B6 e-4ORCE」、「B9 2WD」、「B6 e-4ORCE」に加えて各グレードに日本専用特別限定グレード「limited」を用意し、このlimitedから発売を開始。価格は660万円から790万200円でした。

 その後、2021年11月には「B6 2WD」の価格が539万円ということが明かされますが、その後も半導体不足などの部品調達の遅延やサプライチェーン混乱による部品確認などにより車両生産の遅れが続いたことで、発売延期などが発生します。

 そして、今回2024年3月8日に「B6 2WD」の注文受付を再開しました。

「B6 2WD」は、通勤や買い物などの日常使いに加え、週末のドライブにも十分な航
続距離を持つグレードです。

 さらに今回新たに「B6 e-4ORCE」、「B9 2WD」、「B9 e-4ORCE」、「B9 e-4ORCE プレミア」という各グレードも追加され、2024年3月下旬から発売されます。

「B9 2WD」は、よりロングドライブを楽しみたい方におすすめのグレード。

 さらに電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載した「B6 e-4ORCE」や「B9 e-4ORCE」は、前後2基の高出力モーターと左右のブレーキを統合制御することで、4 輪の駆動力を最適化することで、ワクワクした走りや乗る人すべてが快適な乗り心地を実現します。

 なお「B9 e-4ORCE プレミア」はロング
ドライブをサポートする先進運転支援システム「プロパイロット 2.0」や、20インチ専用アルミホイール、本革シートなどの特別装備を標準設定しているグレードです。

※ ※ ※

 このように正式発表から3年弱でやっとすべてのグレードが発売されることになるアリア。

 気になるのは「B6 2WD」の価格が539万円から659万100円と約120万円も値上がりしたことです。

 この理由について担当者は「原材料(バッテリーなど)の高騰によるもの」と話しています。

【画像】「えっ…!」これが限定の日産SUVです。画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー