圏央道「全通」へラストスパート!? 途切れた「千葉区間」唯一のトンネルついに貫通 「おめでとう」「早く開通して」期待の声も多数

首都圏の外縁部をぐるっと周る「圏央道」。千葉県の未開通区間で、唯一のトンネルがついに貫通を迎えました。今後、工事はどうなっていくのでしょうか。

全通まであともう少し

 国土交通省 千葉国道事務所は2024年2月29日、圏央道の未開通区間にある「芝山トンネル」が貫通を迎えたと発表しました。

 芝山トンネルは、未開通区間にある唯一のトンネルです。これが貫通したことで、圏央道の全通に向けてさらに大きな弾みがつくことになります。

圏央道の成田市内の開通イメージ(画像:国土交通省)。
圏央道の成田市内の開通イメージ(画像:国土交通省)。

 圏央道は、首都圏郊外部をぐるりと結び、各方面に放射状に伸びる主要高速道路を連絡します。圏央道のおかげで、高速道路と高速道路を乗り換えるのに、都心部を通過する必要が無くなり、交通の一極集中を避けることができるようになりました。

 さてその圏央道ですが、千葉~茨城~埼玉~東京~神奈川のうち、今も未開通の区間が2つあります。新湘南バイパスが東に延伸する神奈川区間と、成田空港東側の千葉区間です。

 千葉区間は、松尾横芝IC~大栄IC間(延長18.5km)が、ぷっつりと途切れた空白状態。完成予定は2026年度となっています。

 途中には、芝山町内と成田空港西側の2か所のICが設置されます。

 懸念されていた用地取得も2023年9月に完了。そして今回トンネルが貫通したことで、難関らしい難関はひとまずクリアとなった形です。

 同事務所は公式SNSで「引き続き、1日も早い開通に向け、土工・橋梁・トンネル工事を進めて参ります」としています。

 コメントには「おめでとうございます!圏央道の全通も近いですね」「千葉から茨城に行くのに渋滞箇所である宮野木JCTまで行くのがネックでした。いち早い開通を願っています」「祝 芝山トンネル貫通」「圏央道主要高速に接続でお出かけ便利になるな~」といった声が上がっていました。

【画像】超便利!? 「圏央道」ルートと「最後の未開通区間」の工事状況を確認(地図)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー