クルマの「窓ガラス内側」水道水で拭くと余計に曇る!? なぜキレイにならない? カンタンにできる“正しい掃除方法”とは

洗車で窓ガラスまでキレイにしたつもりでも、すぐに曇ってしまうことがありますが、実は窓ガラスの内側を水拭きすると起こりやすい現象なのです。曇りのない窓ガラスにするにはどうしたら良いのでしょうか

内窓をスッキリと仕上げるのに有効なものとは?

 クルマのボディを洗った時に、窓ガラスの内側までキレイに水拭きするとスッキリとして気持ちが良いものです。
 
 一方で、キレイに掃除したつもりが、走りはじめると窓ガラスが曇ってしまったという経験がある人がいるかもしれません。
 
 実は窓ガラスの内側を拭き上げるときに水道水を使うと、逆に曇ってしまうことがあるのです。一体何がいけなかったのでしょうか。

ガラス内側の曇りは水道水を使わずに拭いた方が良い!?
ガラス内側の曇りは水道水を使わずに拭いた方が良い!?

 クルマの内窓は、手などで触らなかったとしても、車内の空気中を漂うチリやホコリなどが付着しやすい箇所です。

 さらに、車内で喫煙すると煙に含まれるタールなどが窓に付着。残った水分がエンジン始動の熱で水蒸気化し、チリやタールといったもの結合することで曇りが発生します。

 内窓の掃除について、洗車専門店スタッフのD氏に話を聞きました。

「クルマの窓ガラスのなかでも、フロントガラスは前方を視認するのに重要な部分なのですが、光を透過することから汚れが目立ちやすい部分もあります。

 通常の水道水での水拭きは残留する汚れや拭き残しが目立ちやすく、運転中に視界に入ると気になってしまうので、きちんと拭き上げて視界をクリアに保っていただければと思います」

 D氏いわく、ウインドウの内側をクリアに保つなら水道水はおろか、洗剤などもできる限り使わないほうが良いそうです。

 水道水には、「塩素」や「トリハロメタン」、「アルミニウム」、「ミネラル」などさまざまなものが含まれていて、これらはクルマを洗車するときに「不純物」となります。

 クリアな視界を求めるのであれば、こういった不純物を含む水道水で拭き上げは避けたほうが良いとのこと。

 さらに、水道水以上に複雑な成分が含まれた洗剤は拭き残しが目立ってしまうことから、頑固な汚れでなければ、洗剤もできる限り使わないほうがキレイに仕上がるといいます。

 このような理由から、洗車専門店では窓ガラスはもちろん、ボディの洗浄やすすぎに不純物を含まない「純水」を使用しているそうです。

「我々が使っている『純水』とは水分に不純物が含まれていない水で、専用のフィルターでろ過したものなのですが、一般的には水を沸騰させた『蒸留水』と同じです。

 この純水を内窓掃除に使えば、クリアな視界を確保しやすいでしょう」(洗車専門店スタッフ D氏)

※ ※ ※

 業務用のろ過装置を一般ドライバーが洗車のために購入するのは現実的ではありませんが、じつは純水と同じものを手に入れることができます。

 それが、ドラッグストアや薬局などで買える「精製水」です。

 この精製水で内窓拭きをおこなうのが正しい清掃法だといい、マイクロファイバーなど細かい汚れなども拭き取れるクロスの組み合わせがベストとのことです。

【画像】「えっ…!」これがセルフ洗車機で洗っちゃダメなクルマです! 画像を見る(17枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 手指の消毒用アルコールには保湿剤としてのワセリンやグリセリンが入っているものもあるので成分表をよく読まないと。燃料用アルコール(工業用:メチルアルコール)の方がまだ不純物は少ないかも。
    ガラスマジックリンも洗浄作用が強すぎてゴムや被膜を痛める説はあるけど、3倍希釈でも十分な汚れの除去は可能で拭き筋や跡が残らず、表面に残留している洗剤成分(界面活性剤)が曇りの原因の微細な水滴を散らしてくれるので曇り止めとしても優秀です。
    また、内側の油膜取り・曇り止めだけでは不十分で、路面には油分を含んだ水が飛沫として車体に付着すること。冬は冬用のウインドウウォッシャー液を使わないと凍結して詰まるので外気温の下がり具合に応じて、原液か2~3倍希釈でも大丈夫かを考慮しないと。
    特に冬は雪に泥が混じって走行中は前の車が巻き上げる飛沫が泥水なことも多く、運転時間が長いとあっという間にウインドウウォッシャータンクが空になるので車には予備を常備しないとウォッシャー液がない状態でワイパーを動かすとフロントガラスに着いた泥が研磨剤になって傷が付きます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー