14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から

三菱ふそうは2024年2月21日、新型の小型トラック「キャンター」を発表しました。14年ぶりに大規模刷新が行なわれたという同車ですが、一体どのように進化したのでしょうか。

新型「キャンター」登場!14年ぶりの大刷新

 三菱ふそうは2024年2月21日、新型の小型トラック「キャンター」を発表しました。14年ぶりの刷新となった同車は、先進安全装備を大幅に拡充したほか、インテリアデザインなどについても大きく進化しています。

イケメンに仕上がった新型「キャンター」
イケメンに仕上がった新型「キャンター」

 キャンターは初代が1963年にデビュー。ロングセラーを誇る三菱ふそうの小型トラックで、グローバルでも広く展開されている人気モデルです。

 今回発表された新型キャンターは、大きな変更点としてインテリアを14年ぶりにリニューアルしたほか、機能性と洗練されたスタイルを両立。

 ダッシュボードから左右の乗降グリップまで流れるようなスタイルを採用したことで乗降性を向上させながら、シックで統一感のある内装カラーによりかつてない上質感を実現しています。

 高められた機能性を代表する一例として、視認性に優れた10インチの「フル液晶メーター」や、ナビゲーションやラジオの操作がタッチパネルで容易に行える「センターディスプレイ」を新規搭載。

 また運転中でも操作しやすい「ステアリングスイッチ」も取り入れ、ロングドライブでの快適性や疲労を軽減する工夫が盛り込まれています。

 さらに新型キャンターの大きな特徴が先進安全装置の拡充で、被害軽減ブレーキ機能を搭載した左折巻き込み防止機能「アクティブ・サイドガード・アシスト1.0」や、従来モデルより車両前方の空間をより正確に把握する衝突被害軽減ブレーキ「アクティブ・ブレーキ・アシスト 5」を新たに標準装備。

 そのほか、交通標識認識機能「トラフィック・サイン・レコグニション」も標準採用し、運転中のドライバーの注意力低下を警告する注意監視システム「アクティブ・アテンション・アシスト」もオプションとして用意したことで、様々なリスクに備えることが可能になり安全性が大幅に強化されています。
を備えました。

 くわえて、車両後方に設置したカメラによって後退時の事故のリスクを軽減する「リヤビューカメラ」も装備。2024年5月より施行される後退時車両直後確認装置の義務付けに対応しました。

 新型キャンターは外観も刷新され、ヘッドライトにはLED式を採用。昼間も運転時は常時点灯する「デイタイムランニングライト」も新たに標準装備し、自車両の被視認性を高めることによって安全走行をサポートしているといいます。

 また、前方の交通状況や周囲の明るさを検知し自動でハイビームとロービームを切り替える「インテリジェント・ヘッドライト・コントロール」も新規で標準搭載したほか、大型トラック「スーパーグレート」や電気小型トラック「eキャンター」で採用している新デザインの「LEDリヤコンビネーションランプ」も新たにオプション設定しています。

 三菱ふそうはこの新型キャンターについて、「独自の先進安全技術による高度な安全性能と快適性を兼ね備えた新型キャンターによって、運送業務がよりスムーズで効率の良いものになるようサポートする」と説明します。

※ ※ ※

 新型キャンターの車両価格(消費税込)は652万6300円。

 2024年2月より日本国内で順次販売を開始する予定です。

【画像】これはカッコイイ! これが新型「キャンター」です(48枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. キャンター新型、未来的な外観と内装のごちゃごちゃ感、あんまり好きではありません。旧型、結構長く乗ってたけど、ハンドルとドライバーシートのオフセットというか、ハンドルが左にずれている事あまり記事に無いけど、長距離走ると結構気になる点です。頭が疲れて来る。自分だけかな?その辺を深く探った記事なんか書くとメーカーも考えるんじゃないかな?

  2. 納車1ヶ月でもう塗装が剥がれまくって、錆も出てきました。
    担当に話しても、荷物が当たったり、ラチェットの締め付けで塗装が剥がれたので保証無しとの事で、
    ペンキを渡されました。
    イスズや日野では5年位は塗装剥がれ等、ましては錆は10年位一度もなかったのに、キャンターは車体が1年持つのか心配です。
    塗装用のペンキが悪いのか?
    塗装時の施工が悪いのか?
    今時スプレーガンだけで塗装をして粉体塗装を行っていないのか?
    故障も多いようですし、自分も1ヶ月の間に国道で停車中に二度黄色のエラー表示が出て、エンジン停止しています。
    幸いエンジンの再スタートでかかりましたが、怖くて常に一番左の車線を走るようにしています。
    1ヶ月ですでに愛着が無くなりそうです。
    メーカーさんはもっと消費者に立ち場になって欲しい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー